すぎのこバザー

すぎのこバザーは、毎年11月に行われています。
バザー実行委員会を中心に、職員、保護者みんなで準備をします。ご近所の方々もたくさん遊びに来てくださり、保育園は出店とお客さんで所狭しとにぎわいます。
バザーの収益金によって、保育園の設備を充実させています。


こんな出店があります

日用品室内販売コーナー
食器、布団、ギフトセットなど贈答品がたくさん。普通なら2万円する食器セットが2000円だったりも。

日用品野外販売コーナー
ベビー用品、バック、靴、自転車なんでもござれ!

おもちゃ・文具コーナー
子供たちに大人気のコーナー。おこづかいで買える小物もたくさんあるよ。

衣料品コーナー
子供服から大人用までいろいろあります。次のシーズンの子供服はここでゲット!本物の毛皮のコートが出たこともありますよ。

ライオン組 親と子コーナー
ライオン組の保護者と子供たちが、ヨーヨー釣り、やきそば、ポップコーン、やきとり、ジュースなどを販売します。
年によって内容が変わります。楽しみにしていてください。

カレー屋さん
おいしいカレーが安い!乳児組にはシチューもあります。3時ごろになったらおにぎりも登場して、夕食に買って帰るお母さんも。
わたあめコーナー
ふわふわのわたあめが、食べやすいサイズでこれまた安い!ぜひ食べてって。
手作りお菓子コーナー
ママメイドの手作りお菓子。クッキー、ケーキ、その年によってどんなお菓子が出てくるかはお楽しみ。
卵、牛乳、小麦粉など、アレルギーを起こしやすい材料を使ってないお菓子もありますよ。
手芸コーナー
ママの手作り小物あります。2010年のバザーでは、可愛いヘアピンや石鹸などが個展のような素敵な作品が並んでました。
※その年の保護者の趣味によって販売されるものは変わります。
郷ちゃんコーナー
すぎのこ保育士郷ちゃん担当の、子供が遊べるコーナー。バザーのために、ひたすらどんぐりを集めているといううわさ。さあ、行ってみよう!
その他
野菜、植木、OB/OGコーナーなど

バザーまでの保護者の活躍

バザー実行委員会

各組から選出された約20名の保護者により運営されます。

  1. バザーの2,3カ月前から準備をはじめます。まずは、各出店の責任者と会計、事務局など担当者を決めます。
  2. 出店の責任者は、それぞれのお店の準備を、事務局はポスターを作ったり、保護者用のバザーニュースを作ります。
  3. バザー1か月前には、ご近所に2000枚を超えるチラシも分担して配ります。
  4. バザー前日・当日と、お手伝いの保護者を指揮して、準備、販売など活発に働きます。
保護者1人1人の活躍
家庭からのバザーへの提供
自宅には不要な贈答品や品物、ほとんど新品の子供服(大人用でも)、おもちゃ、小物など、バザーで売れそうなもの
カレーやお菓子作りの材料など(例. カレーのルー、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、砂糖、小麦粉、バター)
雑巾2枚(売れ行きがいいそうです)
協力店に協力のお願いと品物の搬入
毎年、地域の方々にもバザーに品物を出していただいています。そのお願いと品物の回収を保護者全員で分担します。
バザー前日・当日のお手伝い
バザー前日・当日は、人手がいくらあっても足りないくらい。たくさんの保護者が参加して、出店の手伝いをします。

バザーの収益によって、これだけの設備を充実させてきました

年度 内容
2011年 うさぎ組・りす組前のベランダのすのこ
2010年 ぞう・らいおん組前のすのこ、くま・きりん組の前のすのこ
2009年 新型インフルエンザのため中止となりました。
2008年 屋根塗り替え、雨樋防水コーキング
2007年 30周年を祝う会「ひとみ座 公演」、遊具の充実
2006年 昼寝用のベッド
2005年 階の人工芝張り替え、スロープの塗装
2004年 中庭整備、コーナー家具など保育備品の整備
2003年 ダムエーター、中庭整備、屋根・手すりの塗装
2002年 ぞう組のコーナー家具など、保育備品の整備
2001年 園庭の整備、食品収納庫の設置
2000年 園庭遊具の設置、保育室の内装・保育室備品の整備
1999年 乳児用保育室の備品などの整備
1998年 園舎の内装整備
1997年 全クラスの部屋にクーラーを設置
1995年 2階の人工芝(乳幼児の園庭)を張り替え