入園案内

入園を希望する方へ

 すぎのこ保育園(TEL(042) 972-5760、 月曜日~金曜日(9:00~18:00))、または、 飯能市子ども家庭課(TEL(042)973-2119) へお問い合わせください。


入園案内

1.保育時間について

月曜日~金曜日 午前8時~午後4時   
 
  延長保育 午前7時~午前8時
午後4時~午後7時
土曜日 午前8時~正午
  延長保育 午前7時~午前8時
午後4時~午後7時
* 延長保育を希望する場合は必ず事前に所定の申し込み用紙を提出してください。

●新入園児の保育時間(短縮保育)
4月1日~4月5日   前半2日間は午前8時~午前11時
後半3日間は午前8時~正午
* 上記以後は通常保育になります。なおこの期間に休日があった場合には期間が1日延長になります。

* 勤務の都合で最初から通常保育を希望する場合には申し出てください。
デイリープログラム(保育園での一日)も参考にしてください。

 

2.休園について

 日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)、その他休園を必要とする場合。

 

3.服装について

 園服は、特にありません。子どもたちが、のびのびとあそべるよう汚れてもよいものを着せてください。

 

4.食事について

ア)

主食も含めて保育園がすべて用意し(3才以上は、保育制度の関係で主食代の実費をいただきます)。

イ) 食物アレルギー・アトピー等で除去食が必要な子どもにも一人一人の状態に合わせて献立をたてています (但し、除去の必要な食品について医師の診断書が必要です)。
ウ) 母乳による授乳を希望する方は申し出てください。
エ) 献立は月末に配布される食事便りに掲載しています。

 

5.健康について

ア)

うす着の習慣をつけるように努力してください。

イ) 発熱、その他急病の場合には適切な応急処置をとり保護者に連絡いたしますので、 早くお迎えに来てください。 ※緊急に医師による処置が必要と判断した場合には保護者に連絡をしたうえで「」 「」を受診します。 かかりつけ医等がある場合にはあらかじめ連絡をしてください。
ウ) 伝染病などの場合には、完治するするまで休ませてください。(「幼児に特に関しやすい病気」 も参考にしてください。)

 

6.送り迎えについて

ア)

送り迎えは保護者の責任においてしてください。

イ) 迎えの時、必ず保母に連絡してからお帰りください。 代理の場合には必ず前もって保育園に連絡してください。

 

7.保育料について

保育料は所得に応じた額を飯能市に支払います。 支払い方法は保護者の預金口座から引き落としになります。その他、父母の会会費、写真代、 主食代など保育園から直接請求しますので、現金でお支払いください。

 

8.用意していただくもの

品名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 備考
1、おむつカバー

         
2、着替え

 
3、エプロン 食事用
4、おてしぼり 食事用
5、手拭タオル     フックにぶら下げますので紐などでかけるところをつける
6、汚れ物いれ

ビニール袋
7、午睡用フトン

 
8、ティッシュペーパー             連絡のつど持ってくる
9、タオル(園用) 入園式当日持ってくる
おむつカバーや着替えの数は一応の目安です。着替え入れなどチェックして、不足することのないようにお願いします。  

所持品には、すべて名前を書いてください

 
シーツ、パジャマは週末に持ち帰り、洗濯し、清潔なものを月曜日に持ってきてください。エプロン、 手拭タオルは毎日持ち帰って洗濯してください。  
おむつは貸しおむつとなります。利用料は個人負担となります。ふとんは自分で用意していただきますが、 敷ぶとん(115cm×70cm、床暖房が入るため薄手のもの)と掛け布団はタオルケットと毛布。敷ぶとん、 毛布にはカバーをかけてください。  

 

9.保育園と家庭の連絡について

ア)

住所、勤務先、緊急連絡先など変更のあった場合には、 速やかに保育園に連絡してください

イ) 保育園より、「おたより」、「食事だより」などが配布されます。またクラスごとにクラス通信の配布、 お知らせが掲示される場合があります。読み落としの無いようにしてください。
ウ) 欠席の場合は、その旨、8時30分までに、 連絡をお願いします

 

10.保育内容について

年間行事予定、年間保育目標は「おたより」でお知らせします。各クラスのデイリープログラム(保育園での一日)は、この「しおり」 にあるような流れになっています。

※ 保険等について

 災害等によって事故にあった場合、医療費や見舞金の給付がありますので、 すべての子どもが日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度に加入します。掛金の一部は市で負担しています。また、 園として賠償責任保険と傷害保健に加入しています。掛金は園負担です。

11、こんだん会について

保育について、保育園と、家庭の相互理解と協力をはかるため、こんだん会がひらかれます。 こんだん会には必ず出席してください。

もどる


デイリープログラム

すぎのこの一日

0才児(うさぎぐみ) 1・2才児
(りす、きりんぐみ)
3・4・5才児
(くま、ぞう、らいおんぐみ)
8:00 登園(健康視診) 8:00 登園(健康視診) 8:00 登園(健康視診)
あそび 9:00 あそび(テーマあそび) あそび
 
9:30 睡眠  9:30 戸外あそび・散歩
10:00

課業
(3才児は自由参加)

外あそび

10:30 めざめ
あそび
11:00 離乳食及びミルク 10:50 食事
11:30 午睡 11:10 食事準備
12:00 あそび 11:30 食事
12:00 午睡準備
12:30 午睡 
13:30 睡眠
14:00 目ざめ 14:30 目ざめ
あそび    あそび
14:30 目ざめ 14:45 おやつ準備
あそび  15:00 軽食
(きりんぐみはおやつ)
15:00 おやつ
15:30 食事又はミルク あそび
16:00 降園 16:00 降園 16:00 降園
 

あそび(時間外保育)

  あそび(時間外保育)   あそび(時間外保育)

もどる

飯能市の市立・認可保育園の保育料

保育料(平成17年度)

 

保育料徴収基準額表

各月初日の児童の属する世帯の階層区分 徴 収 金 基 準 額 (月額)
階層区分 定義 3歳未満児 3歳児 4歳以上児
A 生活保護法(昭和25年法律第144号)による被保護世帯(単給世帯を含む。
0円 0円 0円
B A階層及びD1 ~ D10階層を除き、
前年度分の市町村民税の額の区分が次の区分に該当する世帯
市町村民税非課税世帯 0円 0円 0円
C1 所得割の額のみ
(所得割の額のない世帯)
7,400円 5,600円 5,600円
C2 所得割課税額が
5,000円未満の世帯
8,900円 6,900円 6,900円
C3 所得割課税額が
5,000円以上の世帯
10,500円 8,500円 8,500円
D1
A階層を除き前年度の所得税課税世帯であってその所得税の額の区分が次の区分に該当する世帯
5,000円未満 13,000円 12,000円 11,000円
D2 5,000円以上40,000円未満 17,000円 15,000円 14,000円
D3 40,000円以上80,000円未満 25,000円 23,000円 21,000円
D4 80,000円以上140,000円未満 34,000円 26,000円 24,000円
D5 140,000円以上200,000円未満 42,000円 27,000円 24,000円
D6 200,000円以上300,000円未満 50,000円 28,000円 24,000円
D7 300,000円以上370,000円未満 53,000円 28,000円 24,000円
D8 370,000円以上510,000円未満 55,000円 28,000円 25,000円
D9 510,000円以上700,000円未満 57,000円 29,000円 26,000円
D10 700,000円以上 58,000円 30,000円 26,000円

 

※ ここでいう世帯の所得税額は夫婦で支払っている所得税額の合計のことです。

保育料は飯能市の条例によって決められています。
年度ごとに違います。

出典:飯能市子ども家庭課・「平成17年度入所のご案内」(保育所入所申込書)より

もどる

幼児が特に感染しやすい病気

病名 潜伏期 初期症状 流行季節 感染しやすい期間 出席停止期間 免 疫
赤痢 1~7日 急に発熱、腹痛、下痢
1日に数回~数10回粘血便

7~9月
糞便に赤痢菌の出る間
下痢期間中が最も感染強
通常6週間
保菌者は主症状消退後14日間
数年で消失
腸チフス 7~14日 高熱が2週間くらい続き
頭痛、腹痛、ぐったりする
胸部に赤い小さな発疹
夏~秋 大小便に菌の出る間
第3週が最も伝染力強
約5週間 完全免疫
猩紅熱 2~7日 熱が続き頭痛、腰痛、ぐったりする。 冬~春 溶血性連鎖球菌の存在する3~4週間 約4週間
鼻カタル、副鼻腔炎、中耳炎がある場合、治るまで伝染の危険がある。
長期免疫
ジフテリア 2~6日 発熱、喉が痛み発赤、喉に白い膜がはる。
犬がほえるような咳をする
冬~秋 病巣より菌が消失するまで 鼻咽喉粘膜に菌が消失するまで約4週間
保菌者は主要症状消退後7日間
免疫性強
時ありて再感染
流行性脳脊髄膜炎 2~10日 急に発熱、頭痛、顎、背筋がこわばり曲がらない。
嘔吐
冬~春 患者、保菌者の鼻、喉の分泌物中の菌が消失するまで 約4週間
保菌者は主要症状消退後7日間
免疫性強
日本脳炎 4~21日 急に発熱、頭痛、うとうとねむる、けいれん、ひきつけ
8~9月
不明 症状が経過し終わるまで 約15年くらい
インフルエンザ 1~3日 急に発熱40度くらいに達する。頭痛、腰痛が激しく、鼻づまり、くしゃみ、咳、
痰がで出る
一定しない
熱の続く間
主要症状消退後5日経過するまで 1年くらい
百日咳 10~14日 はじめは軽い咳、喉の発赤、腫脹、発病後、1週間位からコンコンヒーという咳 春~初夏 特徴のある咳が出る前の方が伝染力が強い。軽い咳が出始めたときから3週間 約5週間くらい。
特有の咳が消退するまで
終生免疫
(はしか)
 麻疹
11~13日 カタル症状、咳、くしゃみ、めやに(結膜炎)
発熱後4日くらいから全身に発疹
発疹が出る前が最も感染しやすい
発疹前4日~後5日位
通常3週間
発疹消退後7日間
終生免疫
急性灰白ずい炎 1~2週間 急に発熱、嘔吐、下痢
2~3日後解熱と同時に手足の麻痺が現れる
潜伏期後半から約7日~14日頃 発病より7日間
急性症状消退後7日
終生免疫
(おたふくかぜ)
流行性耳下腺炎
14~19日 発熱、耳の下がはれる、痛みあり、食欲不振、唾液を出す 冬~春 症状が現れる2日くらい前から耳下腺がはれて5日~7日くらいまで 約6日~10日
主要症状消退まで
終生免疫
(3日ばしか)
 風疹
4~7日 38℃くらいの発熱、
体に麻疹又はしょう紅熱様の発疹があり頸肘等のリンパ腺がはれる
春~夏 発疹が出る前から7日間 約6日~10日
主要症状消退後5日まで
終生免疫
(水ぼうそう)
 水痘
14~15日 熱は大したことなく水泡がある発疹が体に出る。かさぶたとなり次々に出てくる 冬~春 発疹の初期ほど伝染力強
水疱が出て6日くらいまで
約3週間
かさぶたが全部脱落するまで
終生免疫
トラホーム 不定 はじめは自分で気づかず健康診断などで発見される。
目ヤニが出て目がはれやすく痛む
急性期の症状が強く、目ヤニにが多いとき伝染力強 急性炎症期
流行性結膜炎 7時間 白目が赤くなり、まぶたも腫れ、目ヤニが多く一方からもう一方へ伝染 目ヤニに菌がある間
初期ほど伝染力が強い
急性炎症症状が消失するまで
約2週間
(膿痂疹)
 とびひ
2~5日 顔や手足に米粒大から豌豆大の発赤水泡ができ、これが化膿して、
この分泌物が他につくと同様の発疹となる
膿が出る間 炎症甚だしく次々と発疹する時は出席停止
患部は包帯をすること
溶連菌感染症 2~7日 風邪の症状から3日~4日頃より全身に発疹、のどの痛み、扁桃腺炎、嘔吐 冬~夏 溶血性連鎖球菌の存在する機関 主要症状消退後5日間

 
他にも様々な病気がありますが、以上は幼児が特にかかりやすい病気であり、
感染した場合集団生活の中で次々と感染するおそれがあります。
 
他の子どもさんの迷惑にならないように、また本人にも手遅れによる余病を引き起こさないためにも充分注意してください。  

 

もどる