【園だより】2018年12月

バザーのご協力、ありがとうございました。収益金が発表され、みんなで大喜びしました。11月に、ぞうぐみは日和田山、らいおんぐみは関八州見晴らし台へと行ってきました。まだ半分も歩いていないのに、お弁当はまだかと聞いてくる子もいます。しかし、静かな山道をどんどん進んでいくと、後ろを歩いている子を気にかけ、急な所では「ガンバレ!」と励ます声も聞かれて、気持ちがとても温かくなりました。

<12月の予定>
1日(土)保護者会主催大掃除 9:00~
うさぎぐみ・りすぐみ・きりんぐみ懇談会
4日(火)~6日(木)美杉台中スリーデイズ受け入れ
4日(火)避難訓練  5日(水)幼児組こままわし大会
11日(火)らいおんぐみ昭和記念公園へサイクリング
15日(土)ぞうぐみ懇談会  21日(金)冬至
22日(土)らいおんぐみ懇談会  25日(火)クリスマス会

<うさぎぐみ>
朝晩寒い日が続いた11月、部屋でのあそびでごちそう作りや世話あそびも楽しめるようにと、おんぶひもや布団を出しました。ぬいぐるみを布団の上に寝かせてトントンしたり、お皿にチェーンを乗せて「メンメン」と食べるまねをし、テーブルを囲んでコップを手に「カンパーイ」と、楽しい時間が流れました。おひさまが出て暖かくなる頃、「お外行こうね」と声をかけると、ベランダに出てくつを指差し、ニッコニコの子どもたちです。くつを履いて園庭に出て、紅葉した落ち葉を並べ、わらべうたをうたうと同じように叩いて楽しんでいました。12月は身体を使ってあそべる工夫をしたり、探索活動を楽しめる部屋づくりをしていきたいです。

<りすぐみ>
11月、庭に出ると落ち葉がいっぱい。「コレ、キレイ!」「アカダヨ!」とさっそく拾い始める姿がありました。その落ち葉を砂のケーキにそえて「デキマシター」とお店屋さんになったり、目と口のついた葉っぱのオバケを作ってもらって、「コワイー!」と笑いながら逃げて行く子どもたちでした。上を見上げると雪虫が飛んでいて、「ツカマエヨウ!」とジャンプして取ろうとしたり、あそびの中でも秋の空気をたくさん感じることができました。マットを出すと、でんぐり返しやブリッジを見せてくれて、子どもの成長を感じることができました。12月はクリスマスの飾りつけを子どもたちと一緒にして、サンタさんを楽しみに待ちたいと思います。

<きりんぐみ>
ぐっと寒くなった11月でしたが、朝早くから外へ出ていた子どもたち。先月の親子遠足で、動物園に行ったことを思い出し、停まっている自転車にまたがって出発。バスの中でのこともしっかり覚えていて、「ナンノドウブツガミタイデスカ〜?」と子ども同士で声をかけあって楽しむ姿がありました。自転車から降りると、庭をぐるっとして動物を見る、そしてまた自転車に乗って…と、じっくりとあそんでいました。部屋では、新聞やぶきをしました。子どもたちが、以前より細かくちぎることができるようになっていて、手先の発達を感じ驚きました。12月も、外へ出て身体を動かしてあそびながら、クリスマスも楽しみにしたいです。

<くまぐみ>
11月は、また一段と寒くなり庭には雪虫が飛び始めました。子どもたちは寒さに負けず、「オソト、イッテキマース!」と元気に庭へ走っていき雪虫を追いかけていました。最近になり、自転車に乗れるようになった子もいて、周りの子も刺激を受け、一緒になって三輪車やストライダーに乗ったり、とまっている自転車にまたがって楽しむ姿がありました。また、いも掘りにも行ってきました。今年は、特にいもが深くうまっていて大変そうでしたが、みんながんばって掘っていて、「ツカレタ!デモ、イッパイトレタ!」と喜ぶ子どもたちでした。12月は、クリスマスを楽しみにみんなでツリーの飾り付けをしたり、リース作りをしたいと思います。

<ぞうぐみ>
ひもで回すコマを楽しみにしていた子どもたち。「こままわしを見る会」でいろいろなコマを見たり回し方を教えてもらうとそれ以降、自分でひもを巻こうとする姿も多くみられ意欲的に取り組んでいます。さつまいも掘りでは、つるに何個も繋がっているさつまいもを掘り上げて、大喜びでした。また、日和田山登山にも挑戦しました。びっくりするくらいの岩壁に登れるのかと不安な担任。しかし、子どもたちは「ニンジャダカラダイジョウブ!」これも修行、と忍者になりきって登っていました。12月は、楽しみにしているこままわし大会や、クリスマス会があります。おわかれかいの劇に向けても、たくさん劇ごっこをしてあそびたいと思います。

<らいおんぐみ>
11月は、吾野保育所へあそびに行きました。みんなで歌を歌いながら踊ったり、わらべうたをしてごはんも一緒に食べ、とても楽しい時間を過ごしました。また先日は、関八州見晴らし台へハイキングに行って来ました。かなり長い距離でしたが、秋の山道をおしゃべりしたり、励まし合いながら、みんなで楽しく歩き通しました。幼児クラスで掘ったさつまいもで、らいおんぐみがおやつを作り、みんなに配るおいもやさんもしました。おいしく食べてもらえてよかったです。12月はこままわし大会で技を披露したり、クリスマスに向けて準備をし、おわかれかいの劇に向けては、子どもたちと一緒に劇作りを楽しみたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/1280175105cb2.pdf

【園だより】2018年11月

うんどうかい、きりんぐみ・くまぐみの親子遠足と、雨の心配をしながらも無事に行うことができました。ご協力ありがとうございました。ぞうぐみとらいおんぐみで、巾着田に行きましたが、山道はとても気持ちよかったです。よく、誰が先頭で行くのか、順番を抜かした等でもめることがあるのですが、それもなくみんな仲よしでゆったり歩くことができました。このあと、それぞれ日和田山、関八州に行く計画もあります。でかけるのを楽しみにしたいと思います。

<11月の予定>
2日(金)保護者会主催人形劇 8日(木)歯科検診
9日(金)避難訓練
10日(土)バザー実行委員会19:00~
12日(月)内科検診 16日(金)幼児組いもほり
17日(土)バザー準備 18日(日)バザー
24日(土)くまぐみ懇談会 30日(金)もちつき

<うさぎぐみ>
10月は気温の落差が激しく、体調を崩す子が多かったのですが、様子をみながら戸外でもたくさんあそびました。散歩のコースも増え、ますます周囲のものに興味津々の子どもたち。きれいに色づいた花みずきの実に触れたり、線路の側に生えているねこじゃらしやススキに触れたりと、自然との触れ合いも多く経験しました。また、ベランダに出ると月齢の高い子たちは、楽しそうに走り回って大盛り上がり。月齢の低い子たちも柵につかまり立ちして下をのぞいたり、コンビカーを押してベランダを大移動していました。11月も引き続き体調管理には気をつけて、身体をしなやかに動かしながら外あそびを楽しんでいきたいと思います。

<りすぐみ>
10月は、秋晴れの気持ちよい気候の中、電車を見に散歩にも行きました。道すがらに見えるものを、“ブーブー”“ニャンニャンイター”“キレイ~”など、いろいろ発見して楽しそうに見ている子どもたちでした。園庭では泥あそびもして、手にたぷたぷのどろをつけて感触を味わっている子や、泥団子に友だちと一緒に白砂をかけ、カップやお皿に入れてお料理作りに熱中している姿がありました。部屋では、ダンボールの電車に友だちや大人と何人かで乗って“ガタンゴトーン”と楽しむほほえましいやりとりも見られました。11月は、外で身体をいっぱい動かしてあそび、色付いた葉っぱを眺めて季節を感じられたらなと思います。

<きりんぐみ>
10月は、「エーンエーン」と赤ちゃんになりきったり、「ミルクデスヨ~!」とお世話をしてあげたりと、それぞれの役になりきってみんなで赤ちゃんごっこを楽しんできました。うんどうかいはみんな参加でき、らいおんぐみと一緒にダンボール電車に乗れて楽しかったです。親子遠足は、くまぐみと一緒にバスに乗って動物園へ行きました。行く前からとても楽しみにしていた子どもたち。当日は待ちに待った動物を前に、手が届く距離まで行ってじっと見てみたり、実際に触ってみたりと、本物に触れて楽しんでこられてよかったです。11月は、わらべうたをしたり、寒くなっても外でたくさんあそびたいと思います。

<くまぐみ>
10月は、うんどうかいに向けてたくさん身体を動かしてあそび、前日には海の中をイメージして肋木トンネルにみんなですずらんテープをつけました。当日は、少し緊張している様子の子どもたちでしたが、大勢の方に見守られながら、自分の力を精一杯出してがんばりました。数日前から「エンソクデ、○○ガミタイ!」と楽しみにしていた親子遠足。天気が不安定で心配でしたが、当日は晴れて暑くなりました。いろいろな動物を間近で見たり、初めての乳搾り体験をし、コースをがんばって歩きました。11月は芋掘りに行ったり、落ち葉を使ったあそびをして秋を感じたり、こままわしをして楽しみたいと思います。

<ぞうぐみ>
朝からはりきって外に出ると、雨が降り出しそうな天気の日もありましたが、練習はたくさんできました。一人ひとり、一歩先の挑戦をして、ついに迎えたうんどうかいでした。当日は、忍者になりきっていつも以上の力を出し、恥ずかしさを乗り越えたかっこいい子どもたちの姿を見ることができました。また、巾着田へハイキングに行きました。去年も行っているらいおんぐみに励まされながら、長い山道でしたが無事到着。広い場所をおもいっきり走ったり、落ちそうなくらい水路をのぞき込んでザリガニを発見し大喜びでした。11月は、さつまいもほりや日和田山への山登りなど、秋を感じながら楽しみたいと思います。

<らいおんぐみ>
うんどうかいに向けて、練習を積み重ねてきた子どもたち。自分の課題とともに、クラス全体でも目標に向かってがんばってきました。当日は、今までやってきたことをみんなの前で披露し、自分の力を出しきった子どもたちでした。ぞうぐみと行った巾着田ハイキングは、お天気に恵まれ、木の実を拾ったり、歌をうたったりしながら、長い山道を楽しく歩きました。巾着田では、広いところで思いきりあそんだり、田んぼに干してある稲を見学したり、自然を満喫しました。11月は、関八州へのハイキングへ出かけて秋の自然に触れたり、さつまいも掘りを楽しみにしている子どもたちです。また、こままわし大会に向けても技を磨いていきたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/1230389413e7f.pdf

【園だより】2018年10月

うんどうかいに向けて、幼児組の子どもたちはいろいろなことに挑戦しています。庭に出ていると「ミテテネ~!」と、次々みんなが声をかけてきます。そのすごいこと!どうしても見てほしい気持ちがいっぱいです。どの子も自分のがんばりを認めてもらいたいのですね。おうちでも、お子さんにどんなことをやっているのか、がんばっていることなどを聞いてみてください。雨の日、小さいクラスの子どもたちもクラスの中で、マットやトンネルを使ってあそんでいました。

<10月の予定>
3日(水)うんどうかい予行練習 6日(土)乳児組父親懇談会
13日(土)うんどうかい(予備日20日)
20日(土)バザー実行委員会19:00~
23日(火)食育講話  24日(水)きりん・くま親子遠足
26日(金)ぞう・らいおん巾着田ハイキング
31日(水)こままわしを見る会

<うさぎぐみ>
9月は朝晩涼しくなり、発熱や下痢で保育園をお休みする子がいたので、体調に気をつけながら庭あそびや散歩にもでかけました。飛行機の音がすれば空を見上げ「ブーン!」と指差ししたり、電車が通ると「バイバーイ」とニッコニコで手を振り、いろいろな発見に目を輝かせています。また、月齢の小さい子たちも得意顔でつかまり立ちをしたり、大きい子は三角滑り台の階段を立って登ろうとするなど、大人はハラハラしつつも、身体をしなやかに使って、いろいろなことに挑戦する姿に毎日驚かされています。10月も戸外でたくさん身体を使ったあそびを楽しみ、自然の中で季節の移り変わりを感じたいと思います。

<りすぐみ>
9月、天気の良い日は園庭に出てあそびました。虫を発見してみんなで見ていると、今までこわがっていた子が少し触れるようになり、一緒に見ていた友だちに拍手されてとても嬉しそうな表情を見せていました。中庭にある木のおうちでは、窓から顔を出して「イラッシャイマセ~」「ジュースデース!」「コレハアイスデス!」「〇〇チャンハ、コッチダヨ!」と、店員になりきって砂の入ったカップを渡してくれます。そんなあそびの中でのやり取りから、子どもたちは友だちといっしょにあそぶ楽しさをたくさん感じているようです。
10月は、過ごしやすい気候の中で散歩に出かけ、秋の自然にたくさん触れてあそぼうと思っています。

<きりんぐみ>
9月は盆おどりや太鼓など、すぎのこまつりで楽しかったことを思い出しながら、たくさんあそんでいました。また、井形ブロックを新しく出すと、線路のようにつなげて「デンシャニノッテオデカケシタヨ!」と、家での経験を話しながら、あそびへとつなげている姿がとても印象的でした。あそびのイメージがますます豊かになって、友だちと共有しながらじっくりと楽しんでいます。外では、かくれんぼをしてあそびました。幼児クラスの子が、一緒にオニを引き受けてくれたり隠れてくれる中で、より楽しめていたように思います。10月も引き続きかくれんぼであそんでいきながら、うんどうかいや親子遠足などの行事も楽しみたいと思います。

<くまぐみ>
9月は、うんどうかいに向けて肋木やマット、ジャンプ、平均台など体育的なあそびを楽しんできました。ぞうぐみ、らいおんぐみの姿に刺激をうけ、「デキルヨ!ミテテネ!」と、どんなことにも挑戦する子どもたち。時には「デキナイ!」と悔しい表情をみせることもありますが、諦めずまた挑戦する姿はたくましいです。また、自分で考えた技を見せてくれたり、友だち同士で見せ合って喜ぶ姿も見られました。下旬からはキアゲハの幼虫を飼い始め、ケースの掃除を手伝ったり、「カワイイ〜」とじっと見つめ、ちょうちょになることを楽しみにしている子どもたちです。10月は楽しくうんどうかいに参加したり、親子遠足も楽しみたいと思います。

<ぞうぐみ>
プールも終わり、楽しかった夏ともさようならです。敬老の日のあそぶ会では、わらべうたをしたり、あやとりやお手玉など昔のあそびで、おじいちゃん、おばあちゃんとふれあえ、楽しい会になりました。そして、うんどうかいに向けて、玉入れ・綱引き練習も始まり勝ち負けに一喜一憂する中、いろいろな体育的あそびにも挑戦。トランポリン、竹登り、鉄棒、けんけん、ポックリと進んでやって、あちこちから「デキタヨー」の声が聞こえてきます。去年の経験が生かされているようです。10月は一人ひとりの挑戦を皆で認め、喜びあえるようなうんどうかいにしていけたらと思います。また、らいおんぐみとの巾着田へのハイキングも楽しみです。

<らいおんぐみ>
敬老の日に向けて、おじいちゃんおばあちゃんにお手紙を出しました。伝えたいことを自分で考えて、心を込めて文字を書いたり、文字スタンプを押して、文字に触れる経験をしました。完成すると、みんなでポストに投函しました。また、ぞうぐみと一緒にやった「おじいちゃんおばあちゃんとあそぶ会」では、みんなでわらべうたや昔のあそびをしたり、おじいちゃんおばあちゃんの得意なことを披露してもらったり、最後はみんなで食事をして楽しく過ごしました。10月は、うんどうかいに向けてクラスで取り組んでいることを、みんなで力を合わせて成功するようにがんばりたいと思います。また、ぞうぐみとの秋のハイキングも楽しみたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/1199643a775ac.pdf

【園だより】2018年9月

8月は、とても暑い日が多かったですね。ほぼ毎日プールに入り、子どもの様子だけを見ている監視の職員を付け、安全に進めてきました。プールに入りたくないと言っている子には、職員が一緒にワニ泳ぎをしたり、もぐっている子を見た後、ほんの少しだけ顔に水をつける子がいて、子どもたちの挑戦を近くで見ることができました。プール大会では、一人ひとりがんばってできたことを披露しました。また、すぎのこまつりでは、楽しく踊っている子どもたちの姿が見られ、すてきなおまつりになりました。役員の保護者の方々、ご協力ありがとうございました。今月は、うんどうかいに向けて楽しくからだを動かしていきたいと思います。

<9月の予定>
1日(土)幼児組父親懇談会 19:00~
15日(土)バザー実行委員会 19:00~
21日(金)十五夜の会
22日(土)保護者会役員会  19:00~

<うさぎぐみ>
‪暑い日が続き、毎日たくさん汗をかきながらも、屋上で水あそびを楽しむ元気な子どもたちでした。ホースから水を出すと「キャハ〜」と嬉しそうに近づき、手でピチャピチャと感触を楽しみました。少しくらい顔にかかっても、嫌がることなくあそんでいます。待ちきれずに洋服のままタライに入っていた子もいましたよ。また盆踊りの音が聞こえると、パチパチと手を叩き、膝を屈伸させながら一緒になって楽しんでいました。部屋では、「イッテキマース!」と腕にバッグをかけてお出かけごっこ。友だちのことが気になり、関わり合う姿も多く見られるようになってきました。9月は戸外あそびを楽しみ、たくさん身体を動かしたいと思います。

<りすぐみ>
8月、すぎのこまつりが近づく中で毎日のように盆踊りをしました。大人や大きい子たちの踊りをよく見て踊ったり、座りながら「ガンバレー!」と手拍子しをしてそれぞれのペースで楽しめました。すぎのこまつり当日も、お家の人と嬉しそうな表情でおまつりの雰囲気を味わっている子どもたちの姿が見られました。プールではワニ泳ぎができる子が多くなり、「ミテテネ!」と泳いでみせてくれます。大人と水の掛け合いもたくさんして、今年の夏は水の中であそぶ心地よさを感じることができました。9月は、涼しくなったらお散歩に出かけて秋の訪れを感じたり、うんどうかいの雰囲気の中で、身体を動かしてあそびたいと思います。

<きりんぐみ>
8月は、夏ならではの生き物にたくさんふれあえました。ザリガニやセミ、カブトムシを触ったり、かごから見えないと「ネテルノカナ~?」と呟いたり、毎日虫かごのなかを気にかけてくれていた子どもたちです。7月に引き続きプールもたくさん楽しめて、水のかけあいや、生き物になりきって泳いだり、「ミテテネ!」と水面に顔をつけてみたりと、水の感触もたっぷり楽しんできました。また盆踊りでは、「オドッテクル!」「ツギナンダロウネ?」とわくわくしながら踊ってきました。おまつり当日も、いきいきと楽しむ姿が見られてよかったです。9月は、夏に経験したことの再現あそびを楽しみたいと思います。

<くまぐみ>
8月は、これまでプールが怖かった子も水に慣れてきて、ワニおよぎでフープをくぐったり、宝探しをしたりと新しいことにも挑戦しました。「ミテテネ!」と水の中におでこをつけたり、潜ったりとプールに入る度に前回とは違う姿があり、すごいなぁと感動しました。また、すぎのこまつりに向けてうちわを作ったり、盆踊りを楽しんできました。当日はすてきな甚平、浴衣を着てリズムに合わせておどったり、友だちと一緒に笑い合いながら楽しんで踊る姿が見られて、嬉しくなりました。9月は、うんどうかいに向けて、マットや肋木などでたくさん身体を動かしたり、みんなで追いかけっこをして楽しみたいと思います。

<ぞうぐみ>
引き続きプールを楽しめた8月でしたが、台風が来たり突然の気温低下に「スズシイカラ、ハイレナイネ」などと空気の変化を感じていた子どもたちです。セミの鳴き声も賑やかで、声が聞こえると捕まえようと網を持っていきますが、なかなか捕まりませんでした。毎日踊った盆踊りは、暑くて踊るのが大変な時もありましたが、おまつりが近づくと真剣な表情になってきました。当日は踊ってきた分、手足は動き成果が出たかなと思います。 プール大会では、「ナニヤロウカナ?」と考えた泳ぎを見てもらえて、満足そうな子どもたちでした。9月は体育的あそびに挑戦しながら、うんどうかいに向けて何をやろうか、皆で考えていきたいと思います。

<らいおんぐみ>
みんなで作って元気に担いだおみこし、毎日踊ってきた盆踊り、こまどんどんの太鼓、おにぎり・かきごおり配りと、暑い中でしたが子どもたちが主役となり、大活躍したすぎのこまつりでした。プール大会では、この夏プールでできるようになったことを、一人ひとりみんなの前で披露しました。新しいことに挑戦し、昨年よりできることが増えた子どもたちに、大きな拍手と憧れの金メダルが贈られました。9月は、うんどうかいに向けて体育的活動に取り組み、みんなで励まし合いながらさまざまな準備をしていきたいです。また、「敬老の日」におじいちゃん、おばあちゃんにお手紙を書いて送ったり、文字にも触れていきたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/12002cfed5751.pdf

【園だより】2018年8月

今年は、梅雨明けが早かったですね。暑い日が続き、プールにたくさん入ることができました。プールサイドで見ていると、バチャバチャ楽しそうな子と、はねた水に「ヤメテ~!」と言っている子などさまざまです。水を怖がっていた子が、ある日おでこだけ水につけて、前髪から流れてくる水を両手でパチャパチャ払う姿が見られ、満足そうにしている様子に一緒に嬉しくなりました。子どもたちの挑戦を応援していきたいです。また、らいおんぐみと1年生との交流キャンプは2日間とも川あそびがたくさんできました。久しぶりの再会でしたが、すぐに打ち解けて楽しくあそんでいました。準備・お手伝い等、ご協力ありがとうございました。

<8月の予定>
1日(水) 避難訓練(地震を想定した訓練)
25日(土) すぎのこまつり
28日(火)プール大会

<うさぎぐみ>
7月は暑い日が続いたので、沐浴や水あそびを楽しみました。お湯を入れたタライの中に入ってみたり、ホースの噴水に手を伸ばしパシャパシャとあそんでみたりと、屋上で楽しくあそぶ子どもたちの姿が見られました。また、新しくプレート落としを出すと、「ワタシモー」「ボクモー」と集まって一緒に楽しんだり、「マテマテ〜」と追いかけあったりと、あそびを通して友だち同士のかかわりを楽しんでいます。大人がうたうわらべうたにキャッキャと笑い、しぐさや言葉を真似しながら、「モウイッカイ」とリクエストをしていました。8月も暑い日が続くと思うので、体調や水分補給に注意しながら、楽しく子どもたちと過ごしていきたいと思います。

<りすぐみ>
7月は、暑い日が続いたので、ベランダにプールを出して水あそびを楽しみました。“ツメターイ”といいながら水に喜んで触っていました。タライの水につかる子、プールに入る子とさまざまに、自分なりのペースで気持ち良さそうに水にふれ合っていました。そして大きいクラスの子が踊っているのを見てから、盆踊りにも興味津々です。りすぐみの部屋でも曲を流してあそびました。手足を動かして踊ってみたり、その様子をにこにこしながら、眺めて嬉しそうにする子もいたりとかわいらしい姿がいっぱい見られました。8月は、体調に注意しながら引き続き水あそびや、おまつりごっこなど夏らしいあそびも楽しみたいと思います。

<きりんぐみ>
7月は、くまぐみと一緒にフィンガーペインティングをしました。初めての絵の具の感触に戸惑いつつも、徐々に指から手の平へ、さらには自分の体にもペタペタと手型をつける子もいて、とても楽しめました。またやってみたいと思います。部屋では、絵本の入れ替えをするとすぐに気づき、「コレ、アタラシイネ」と手にとり、毎日朝から夕方まで本当によく見ています。子ども同士で「ヨンデアゲル!」と大人のまねをしながら読みあったり、自分たちで絵を見ながらお話をつくって読んだりと、絵本の世界を楽しんでいます。8月は引き続きプールで思いきりあそんで気持ちよく過ごしながら、すぎのこまつりの雰囲気もたくさん味わいたいです。

<くまぐみ>
7月は、天気の良い日が続き、たくさんプールに入りました。最初は水を恐がっていた子も少しずつ慣れてきて、みんなでワニ泳ぎをしたり、大人の足トンネルをくぐって楽しんでいます。「ミテテネ!」と手で水をすくって顔にかけたり、ワニおよぎのスタイルで潜ってみたり、子どもたちの成長に驚かされます。また盆おどりが始まり、大人の姿を見ながら大きく身体を動かして踊っています。育ててきた枝豆がついに大きくなり、収穫して食べました。「オカワリー!」とたくさん食べて、すぐになくなってしまいました。8月は、すぎのこまつりに向けて、さらに盆踊りを楽しんだり、身体をたくさん動かしてあそびたいと思います。

<ぞうぐみ>
梅雨が早く開けてしまい真夏の太陽が照りつけ、暑い毎日ですが食欲もさほど落ちずに元気なぞうぐみのこどもたちです。楽しいのはプールあそびで 水の中が気持ち良くて顔をつけたりもぐったりができるようになってきました。毎日あそぶ中で、自信もついてきたように思います。盆踊りも大人の手足の動きに注目しながら真似して、踊ることが上手になり、去年とは見違えるほどです。また、初めてザリガニを飼い始めました。ハサミの大きなザリガニを、こわごわ持ってみようと挑戦しています。 8月は、いっばい踊った盆踊りをおまつりで披露したり、プール大会で今までの挑戦を見てもらいたいです。

<らいおんぐみ>
七夕の会は、幼児で七夕の由来を聞いたり、わらべうたをして楽しみました。お楽しみの流しそうめんは雨でできませんでしたが、後日、ぞうとらいおんだけで流しそうめんをやり大喜びの子どもたちでした。毎日暑い日が続き、プールや水あそびを楽しんでいます。昨年よりできることが増えた子もいて、プール大会も楽しみです。一年生との交流キャンプは、お天気にも恵まれ、川あそびを楽しんだり、グループごとにご飯作りや、夜は花火をして2日間たっぷり楽しみました。友だちとの絆も深まったのではと思います。8月は、すぎのこまつりに向けて、おみこしを作ったり、盆踊りでは、みんなをリードして踊っていきたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

 

 

【園だより】2018年7月

大掃除のご協力ありがとうございました。園内がきれいになり、プールも出していただいて、子どもたちも大喜びでした。幼児ぐみの子どもたちは、プールひらきに向けてきれいな飾りを作り、前日はらいおんぐみがプール掃除をしました。当日は暑くなり、無事プールびらきが行なわれました。園だよりの中に、毎月子どもたちの写真をのせています。行事に参加する幼児ぐみをのせることが多くなってしまうので、小さいクラスの写真がいいなとみつけていたところ、りすぐみの誕生日写真がありました。すぎのこでは、クラスでその子の誕生日の日にお祝いしています。みんなでうたをうたい、手拍子をして、一緒に喜ぶ楽しい雰囲気が伝わってきますね。

<7月の予定>
6日(金)七夕の会 12日(木)避難訓練
21日(土)すぎのこまつり実行委員会 19時~
26日(木)~27日(金)らいおんぐみ・1年生交流キャンプ

<うさぎぐみ>
6月は絵本コーナーを作り、子どもたちが絵本を手に取って見られるようにしました。かじったり、ビリビリやぶいてしまうこともありますが、大人が一緒に読む中で、上手にめくれるようになってきました。また、部屋では、マットの階段を置いたり、ベットの下を利用してトンネルを作って、からだを使ってあそべるように工夫すると、子どもたちは次々挑戦。高さや空間を感じながら、「デキタヨ~!」とニコニコ。大人が「すごいね!」と共感すると、他の子も一緒に手を叩いて喜んでくれたり、挑戦したりしていました。7月は蒸し暑い日が続くと思うので、体調に注意しながら、沐浴や水あそびを楽しみたいです。

<りすぐみ>
6月、雨の日に初めてマジックを出しました。目をキラキラさせながら、嬉しそうに使っていた子どもたち。紙いっぱいに描く子や穴があくまで描く子、自分の腕や足に描いてしまう子もいました。それぞれに楽しむ姿があり、また機会をみつけてやろうと思っています。晴れた日は園庭に水たまりがあると、思いきり入っていく子どもたち。冷たい水の感触が気持ちよくて、とにかく最高の笑顔を見せてくれます。汚れても濡れても気にせずにあそびに集中できるりすぐみ。これも成長の姿だなと感心してみていました。7月に入り、梅雨が明けたら今度はプールあそびがまっています。全身を使って、たくさん水あそびを満喫したいなと思っています。

<きりんぐみ>
6月、部屋ではブロックで鉄砲を作って「マテー!イタゾ!」「バーン!」と撃ち合いがはじまり、みんなで戦いごっこ。庭では、砂場でカップやバケツにご飯やデザートなどを作り「イラッシャイマセ~!」「ヒトツクダサイ!」「50エンデス!」「アリガトウゴザイマス」などやりとりもますます具体的になってきて、店員さんやお客さんになりきってあそぶ子どもたちでした。またピーマンとキュウリが収穫を迎え食べることができ、「モットチョウダイ!」とたくさん食べる姿には驚かされました。引き続き、大事に育てていきたいと思います。7月は、からだを使ったあそびや水あそびをたくさんしていきたいです。

<くまぐみ>
6月は、楽しみにしていたプールが始まりました。プールびらきは天気も良く、「ハヤク、プールニハイリターイ!」と、初めての大きなプールにワクワクする子どもたち。水の中ではみんなで手を繋いでわらべうたをうたったり、ワニ泳ぎをして楽しみました。また、5月に植えた野菜が大きくなり、ピーマン、キュウリ、ミニトマトを収穫して食べました。塩や醤油とシンプルな味付けですが、「モットタベル!」とあっという間になくなってしまうほどでした。苦手な子も「チイサイノ」と一口食べてみたり、なめてみたり、挑戦する姿がありました。7月は、七夕の会で流しそうめんをしたり、盆踊りや平均台で身体を動かして楽しみたいと思います。

<ぞうぐみ>
6月、「マタ、イキタイ!」の声が多かった、“山歩き遠足”に行きました。今回はぞうぐみだけで、「確かこの道だったね!」と、記憶をたどりながら山道を歩きました。木苺を見つけたり、ちっちゃなほこらにお参りしながら天神さまへ。帰りも山道を通ってたくさん歩きました。プール開きに向けては、ペットボトルで風鈴のような飾りを作りました。ちょうど暑い日のプール開きとなり、水の事故や怪我は絶対にないようにと願いながらの初プールでした。わらべうたをして楽しく入りました。 7月は、プールを楽しみながらもそれぞれの目標をもって挑戦したり、おまつりに向けて盆踊りを踊って楽しみにしたいと思います。

<らいおんぐみ>
6月に入り、おみせやさんの品物作りを始めました。子どもたちが考え、工夫して作った品物はどれも力作で、楽しい物ばかりでした。おかげで、当日は見事完売の大盛況でした。また、子どもたちが待ちに待ったプールが始まりました。毎日思い切りあそび、挑戦する中で、昨年よりできることが少しでも増えるといいです。先日のおとまり保育は、ドキドキしながら夜の保育園を探検したり、みんなで初めて保育園に泊まって、「タノシカッタネー!」と話していました。7月は、1年生との交流キャンプがあり、今から楽しみにしている子どもたち。お家の人と離れての川あそびやごはん作りなど、初めての経験をまたみんなで楽しみたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りは、↓こちらからご覧になれます。

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/10942f2998f77.pdf

【園だより】2018年6月

5月の保護者会総会に、出席していただきありがとうございました。旧役員のみなさま、お疲れさまでした。今年度の役員のみなさま、一年間どうぞよろしくお願いします。5月末に、保健センター主催の食育講話がありました。幼児組ときりんぐみに、早寝、早起き、朝ごはんが大切ということを楽しくお話していただき、子どもたちは大喜びで聞いていました。規則正しい生活をといっても、難しいこともありますが、朝ごはんはしっかり食べられたらいいなと思いました。

<6月の予定>
9日(土)保護者会主催大掃除 9:00~
11日(月)内科検診 13日(水)避難訓練
14日(木)歯科検診 16日(土)すぎのこまつり実行委員会
19日(火)幼児組プール開き
22日(金)~23日(土)らいおんぐみ おとまり保育
23日(土)保護者会役員会19:00~

 

<うさぎぐみ>
5月は天気の良い日が続き、屋上に日よけネットをはり、ゴザを敷いてあそびました。爽やかな風に吹かれながら、「マテマテ~」とハイハイで追いかけっこをしたり、歩けるようになった子は得意げにトコトコとひとまわり。「ホラ、コンナコトデキルヨー!」と、あちこちでかわいい笑顔がたくさん見られるようになり、保育園が安心できる場所になってきました。部屋では、探索活動が始まり、棚に並んでいるおもちゃやぬいぐるみをさわって落としたり、友だちの衣類棚から服を出したり、何にでも興味津々の子どもたちです。6月は雨の日も多くなると思うので、部屋の中でもからだを動かしてあそべるように工夫したいです。

<りすぐみ>
5月、新しい環境にもすっかり慣れ、気持ちのいい空の下「オニワイコウ!」と指さして毎日のように庭であそんだ子どもたち。プランターや、草のかげに虫を見つけてじーっと観察。虫が動きだすとハッと息を飲み「ガンバーレ」と応援していました。暑い日も多い中で、水あそびもたくさん経験しました。裸足になる子は初めは少なかったけれど、大人が裸足になっているのを見て「ヤッテミル!」「ビチョビチョニナッチャッタ!」と子どもたち。一緒に水の冷たさ、気持ちよさを感じることができました。6月は雨の日も楽しめるように、描画や粘土など指先を使ってあそんだり、マットを出して身体を使ったあそびも楽しみたいと思います。

<きりんぐみ>
5月はレゴブロックが新しくなり、みんな夢中になってあそんでいました。子ども同士で「ツクッテ〜」と声をかけあったり、「コッチモクッツケテ…」とひとつのものを数人で作り上げたりと、やりとりがますます楽しくなっています。先日はプランターにトマト、キュウリ、ピーマンの苗を植えました。土作りからよく手伝ってくれ、下から上へとシャベルを使って混ぜることがとても上手で驚きました。毎日の水やりもはりきってやってくれている子どもたちです。無事に収穫を迎えることができるよう、育てていきたいなと思います。6月は、部屋で小麦粉ねんどをしたり、外でフィンガーペインティングにも挑戦してみたいと思います。

<くまぐみ>
5月は、こどもの日を祝う会がありました。これまで、すもう大会に向けて土俵を作り、担任や友だちとすもうを楽しんできました。当日は相手が担任ということで、「カツカラネー!」と気合い十分の子どもたち。最後まで力強いすもうでした。お父さんとのすもうにも積極的に挑戦し、何度も対戦する姿が見られました。また、毎年楽しみにしている野菜作り。今年はきゅうり、ミニトマト、ピーマンの他に新しくゴーヤ、枝豆を植えました。「ピーマン、チョットオオキクナッタ!」と毎日、野菜の成長を楽しんでいます。6月は、雨の日のあそびを工夫したり、プールびらきを楽しみにしたいと思います。

<ぞうぐみ>
こどもの日を祝う会では、みんなの作ったこいのぼりが庭に飾られ、すもう大会をしました。少しドキドキしながら決まった相手と戦い、負けて泣いてしまう子もいたりと、悔しさや嬉しさを味わいました。 多摩動物公園への遠足では、それぞれに見たい動物や昆虫を楽しみにしながら長い道のりを良く歩きました。ライオンの鳴き声にびっくりしたり、大きなぞうや、高い所に登るチンパンジーなどに見入っていました。最後に急に雨が降りだしましたが、リュックの中から素早くカッパを出していた子どもたちに感心しました。6月は、雨の季節の様子に目を向けたり、楽しみにしているプールの準備を進めていきたいです。

<らいおんぐみ>
5月はこどもの日を祝う会、多峯主山ハイキング、多摩動物公園への遠足、稲の種もみの植え付けなど、盛りだくさんでした。中でも多峯主山へのハイキングは、暑い中、長い距離を励まし合いながら歩き、がんばって頂上に着くと、いい眺めとおいしいお弁当に疲れが吹き飛びました。また、みんなの願いが通じて、無事に行けた多摩動物公園への遠足では、かわいい動物たちを見たり、動物や昆虫の生態に触れながら歩き、楽しく行ってきました。6月は、バケツに田植えをしたり、お店屋さんごっこに向けて品物作りをしたり、保育園でのおとまり保育を経験しながら、らいおんぐみとしての行事にみんなで取り組んでいきたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのおたよりはこちらからご覧になれます。↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/10444.pdf

【園だより】2018年5月

入園・進級を祝う会で、「おおきくなるっていうことは」という絵本を、毎年読んでいます。(文・中川たかひろ)その最後に“ちいさいひとにやさしくなれるってこと”とあります。らいおんぐみの発表の中でも、小さい子に優しくしたいという子が何人もいました。困っている子をみつけた時、「ドウシタノ?」と聞いてあげられる子がたくさんいたらいいなぁと思いました。

<5月の予定>
2日こどもの日を祝う会
10日(火)検尿(8日配布・予備日11日)
19日(土)すぎのこ保育園保護者会・ほいくをすすめる会
総会・子育て講演会
りすぐみ・ぞうぐみ懇談会(19:00~)
21日(月)交通安全教室
24日(木)ぞうぐみ・らいおんぐみ遠足(多摩動物公園)
26日(土)きりんぐみ・くまぐみ懇談会(19:00~)

<うさぎぐみ>
入園してから、1ヶ月が経ちました。大好きなおうちの人と初めて離れて過ごす生活に、たくさん泣いて悲しい気持ちをいっぱい出していた子どもたち。大人はその気持ちに寄り添い、受け止めながら過ごしてきました。最近は少しずつ慣れてきて、安心して眠ることができたり、自分の好きなおもちゃであそべる姿や笑顔も見られるようになってきました。月齢の大きい子は、大人のうたうわらべうたに耳を傾けてしぐさを真似してにっこりしたり、ベビーカーで庭に出ると周りをよく見て、「アー!」と楽しそうな声が聞かれました。5月も更に子どもたちと仲良くなりながら、ベランダや庭に出て、さわやかな風を感じながらあそびたいと思います。

<りすぐみ>
4月、進級7人、新入園児5人を迎え、12人でりすぐみが始まりました。新しいお友だちも少しずつ園生活に慣れてきて、笑顔を見せてくれたり、あそび出している姿が見られました。「外に行こう~」と声をかけると、嬉しそうに靴を持ってきてワクワクしている子どもたち。春のあたたかさで出てきた、ダンゴ虫やてんとう虫などにも興味津々です。“ガンバーレ”と手拍子をしながらアリの移動を友だちと一緒に応援して、盛り上がっていることもありました。また、大人や友だちと追いかけっこもたくさん楽しみました。5月は、気持ちの良い天気の中、外でからだを使ってあそんだり、砂や泥あそびも楽しみたいなと思います。

<きりんぐみ>
4月は、新しいお友だちも少しずつ慣れてきて、在園の子と一緒にのびのびあそべる姿が増えてきました。他の部屋へ行ったり、「ソトイッテクル!」とすのこから元気よく出ていく子どもたち。庭で見つけたタンポポを部屋に飾って春を感じたり、外では、どろんこになって思いきりあそびながら、どろだんご作りもじっくりとやっていました。部屋では、キューピーに「ウンチデテルネ!」「カエテアゲルネ!」とおむつ替えをしてあげたり、布団をかけて寝かせてあげたりと、世話あそびもよく楽しんでいた子どもたちです。5月は、引き続きどろんこあそびを楽しんだり、散歩にも行きたいと思います。

<くまぐみ>
新しいお友だちを迎えて、12人でスタートしたくまぐみ。4月は、庭ではしごや鉄棒でたくさん身体を動かしたり、おばけごっこをして楽しみました。「おばけだぞ~」と追いかけると、「キャー、オバケガキター!」と逃げ回る子どもたち。逃げるだけではなくてブロックで剣を作って、「エイ!」とおばけをやっつけたり、追いかけてくるおばけを押さえて「ミンナ、ニゲテ!」と、友だちを助ける頼もしい姿が見られました。また、きりんぐみの頃から大切に育ててきたいちごが赤くなり、みんなで分けて食べました。5月は、子どもの日を祝う会で、すもうを楽しんだり、夏野菜の苗を植えて、大切に育てていきたいと思います。

<ぞうぐみ>
4月は誕生日会から始まりました。初めて作ったチョコバナナが美味しくて、何度もおかわりをしました。入園・進級を祝う会では、自分でマイクを持ってしっかりと名前が言え、ぞうぐみになった喜びが伝わってきました。らいおんぐみとお花見散歩にも出かけ、公園でも鬼ごっこで走りまわっていました。調理室で作ってもらったお弁当に大喜びでした。こどもの日に向けて、障子紙を折り畳んで絵の具を四隅につけて染め、こいのぼりを作りました。きれいに染まって素敵なこいのぼりができましたよ。5月はこどもの日のお祝いで相撲大会をします。誰が優勝するかな? 多摩動物公園への遠足もあり、今からワクワクしている子どもたちです。

<らいおんぐみ>
4月、新しいお友だち2人を迎えて13名でスタートしました。入園・進級を祝う会では、どんならいおんぐみになりたいかを、自分で考えてみんなの前で発表した子どもたち。小さい子にやさしくし、園やクラスの仕事をはりきっている姿に、らいおんぐみになったんだと誇らしく思う子どもたちの気持ちが伝わってきました。こどもの日に向けて、グループごとにみんなで作ったこいのぼりは、色とりどりのカラフルな姿で元気に泳いでいます。羊山公園では、芝桜を見たり、アスレチックであそんだり、おいしいお弁当を食べて春を感じてきました。5月は、こどもの日をお祝う会や、稲作り、遠足などを楽しみながら、集団あそびもしていきたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのおたよりはこちらからご覧になれます。↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/10098.pdf

【園だより】2018年4月

入園・進級おめでとうございます。あたたかな日が続き、あちらこちらにきれいな花が咲いていて、気持ちがウキウキしてきますね。子どもたちは、ひとつ大きなクラスになることを楽しみにしているようです。新しいお友だちは、保育園生活のスタートですね。保護者の方は、初めて預ける不安や、友だちとあそべるかななどの心配もあるでしょうが、すぎのこ保育園職員一同、父母の方、子どもたちの気持ちに寄り添いながら、楽しく過ごしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。3月24日(土)にすぎのこ保育園卒園式が行われました。堂々とおわかれのことばを言ったあと、素敵な笑顔の子どもたちでした。小学校に行ってもがんばってほしいです。

<4月の予定>
11日(水)入園・進級を祝う会
14日(土)保護者会新旧役員会 19時~

<うさぎぐみ>
はじめまして、うさぎぐみのかわいい子どもたち。今年は男の子4人、女の子4人の計8人でスタートです。みんなに会えるのを、とても楽しみにしていました。初めは大好きなお父さんお母さんから離れ、不安で泣いてしますかもしれませんが、一人ひとりの思いに丁寧に向き合い寄り添う中で、早くなかよしになって、みんなの笑顔いっぱいのうさぎぐみにしていきたいなと思っています。また、ご家族の皆さんが安心してお仕事できるように、保育園でのかわいい姿を話したり、困った時には一緒に考えていけたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

<りすぐみ>
3月はあたたかい日が多く、散歩で外に出ると桜が少し咲きはじめていたのを見つけて、みんなで春を感じました。園庭では花壇やプランターに咲いてる花を「キレイダネ!」と眺めたり、なでなでと優しく触れていました。友だち同士であそぶことが増えて、ごっこあそびをする姿が多く見られるようになり、友だちといっしょにあそぶ楽しさを十分に感じている子どもたちでした。4月からは新しいお友だちを5人迎えて、12人でスタートするりすぐみです。新しい環境になり、戸惑うこともあると思いますが、子どもの気持ちに寄り添いながら、安心した生活が送れるようにしていきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

<きりんぐみ>
3月は、お弁当を持って柿堂公園におでかけに行ってきました。リュックを自分で背負って、すっかりお兄さん、お姉さんの顔になっている子どもたちの姿に1年の成長を大きく感じました。公園では、おいかけっこをしたり、遊具でたくさんからだを動かしてあそんできました。あそんだ後のお弁当は、「オイシイ〜!」とみんな笑顔でよく食べていました。桜の花も咲き始め、虫探しもまた楽しみにしている子どもたち。4月は新しいお友だち1名を迎え、12名でスタートです。1階のお部屋へと環境が変わる中で、子どもたちがどんな姿を見せてくれるのか、とても楽しみにしています。どうぞ1年間よろしくお願い致します。

<くまぐみ>
3月は新聞あそびや、外では身体を使った鉄棒やはしごを楽しみました。新聞あそびでは、ダンボールで囲いを作って、中に破った新聞紙をたくさん集め「プールダヨー!」と、友だちとくっつきながら泳ぐ子どもたち。プールの中で「ミテ!カメサン!」と子どもたちでイメージを膨らませ、亀の歩き方を真似して楽しむ姿が見られました。子どもたちの姿からは“友だちが大好き!楽しい!”という気持ちが伝わってきました。4月は、新しい友だちを1名迎えて12名のスタートです。行事が本格的になり、初めてのことに挑戦する子どもたちを見守り励ましながら、お家の方と一緒に成長を喜び合えたらと思っています。よろしくお願いします。

<ぞうぐみ>
3月、おわかれハイキングに行きました。ひんやりした山道の雰囲気と坂道にびっくりしつつも「ヤマ、タノシカッタネー」と良い経験になりました。やさしく手を繋いでくれたらいおんぐみが卒園。「いままでありがとう」と写真のフレームを作り、プレゼントにしました。自分たちもひとつ大きくなって、ぞうぐみになるという喜びとともに卒園式に参加できました。 4月からは1名退園し、14人でぞうぐみスタートです。元気いっぱいのみんなが力を合わせて取り組むことも多くなるかと思います。友だちの意見に耳を傾けることのできる、やさしいみんなになってもらいたいなと思っています。今年度もどうぞ、よろしくお願いします。

<らいおんぐみ>
3月は、幼児組でおわかれハイキングに行きました。天神様の裏山に向かう道には、きれいな梅があちらこちらに咲いていて、春が来たんだなぁとうれしい気持ちになりました。お弁当を食べたり、広場で思いきり走ったり、神社境内を探検したり、らいおんぐみとの最後のおでかけを楽しみました。卒園式に向けて、くまぐみといっしょに相談して考えた、らいおんぐみをおくる言葉。卒園式当日は、みんなで心を込めて言い、らいおんぐみを送ることができました。3月末で、1名が退園となりさみしいですが、4月から新しいお友だち2名を迎えることになりました。すぎのこ保育園で一番大きいらいおんぐみでの生活を楽しみにしていきたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのおたよりはこちらからご覧になれます。↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/9688.pdf

【園だより】2018年3月

すぎのこ保育園の大きな行事でもあります、おわかれかいが2月24日に無事終わりました。26日月曜日の朝、子どもたちに声をかけると、満足した顔の子がたくさんいました。きっと、おうちでも褒めていただけたのかなと思います。次の成長につなげていけるものになりました。お忙しい中でのご協力、ありがとうございました。そして、おわかれかいの日の夜、今年度最後の保護者会役員会がありました。以前からの提案で役員会当日の子どもの保育について、意見が出され、保育園からの要望もお伝えしました。すぐに結論が出せないため、来年度に引継ぎとなりました。よりよい役員会となりますよう、今後も一緒に考えていきたいと思います。

<3月の予定>
2日(金) ひなまつり会
3日(土) うさぎぐみ・りすぐみ 懇談会
10日(土)きりんぐみ懇談会 24日(土)卒園式

<うさぎぐみ>
2月は、初めて新聞紙やぶきをしてあそびました。ビリビリと大人がやぶいていると次々に「ヤリターイ!」と来ていた子どもたちです。パラパラ~と降らせると、にこにこしながらあびに来たり、布団のようにして寝てみたりと思い思いに楽しんでいました。ますます友だちと一緒にあそぶことの楽しさを感じながら過ごしている子どもたちです。“ヨーイドン!”と言いながら追いかけっこをしたり、布をかぶって“バァッ”と驚かす子がいると、同じようにあそびだす姿も見られました。マットを一本橋にしてバランスを取って渡ったり、電車ごっこもたくさん楽しみました。3月は、天気のよい日に公園へでかけてみたいなと思います。

<りすぐみ>
2月は、節分の前に鬼の絵を飾りました。子どもたちはすぐに鬼に気づいて、大人の真似をしながら新聞のまめを「オニハーソト、フクハーウチ!」と投げて、豆まきや鬼退治をしていました。鬼退治をしたあとも、頭に指をたてて角にみたて「オニダゾ~」と鬼になりきって鬼ごっこをたくさん楽しむ子どもたちでした。また絵本の影響もあり、子どもたち同士で「モーイイカイ」「マーダダヨ」とやり取りをしながらかくれんぼを楽しむ姿も見られて、お友だちを見つけると「ミーツケタッ!」と、お互い嬉しそうにケタケタと笑いあっていました。3月は少しずつあたたかくなる中で、散歩や外あそびをたくさん楽しみたいと思います。

<きりんぐみ>
2月、きりんぐみは節分に向けて豆まきあそびをしました。部屋に飾ってある鬼のお面に向けて、自分たちで丸めた新聞紙を「オニハソトー」と投げる子どもたち。時には、子どもや大人が鬼になって楽しみました。当日は、こわくて泣いてしまった子もいたけれど、勇気を出して一歩前に出て豆をまくことができました。寒い日が続いたので、タライやバケツにできた氷でもあそびました。「カタイ!」「ワレナイネ」と言いながら、氷の上に乗って「スケートミタイ!」と冬ならではのあそびを楽しめました。3月は、くまぐみになる喜びを感じながら、天気の良い日は散歩に出かけ、春を見つけに行きたいと思います。

<くまぐみ>
2月の節分では、「ヤッツケテヤル!」とドキドキしながら豆をスタンバイ。鬼が来ると、素早く投げつけていました。鬼をやっつけ、ホッとしてから食べたいわし。良く食べていました。おわかれかいの劇に向けては散歩に出かけ、「レンガノイエダ~!」といくつも見つけて喜んだり、木の小屋をのぞいたり、家探しをしてきました。小道具作りを楽しみ、好きな役をいろいろやって迎えた当日。恥ずかしさがあったり、ふざけてみたりと3歳児らしい姿もありましたが、それぞれの役を楽しんでいました。3月はひなまつり、幼児組のお別れハイキングなど、最後の一ヶ月を過ごしながらぞうぐみになる喜びを持てるようにしたいです。

<ぞうぐみ>
節分に向けて、豆を入れる箱を作り、当日は鬼に向かって勇ましく豆を投げ、追い払いました。部屋の外に飾るイワシには、夏にプランターで育てた枝豆の豆殻もつけました。そしておわかれ会に向けて、みんなでアイデアを出し合ったり、お話の世界を楽しみながら、全員で取り組んできた劇。当日は、お家の人たちが見てくれることを励みに、今までやってきたことをどの子ものびのびと楽しく表現できたのかなと思います。3月は、ひなまつり会や、らいおんぐみの卒園に向けてのプレゼント作りなどに取り組んでいきたいと思います。
また、らいおんぐみと行く最後のおわかれハイキングを幼児組みんなで楽しみたいです。

<らいおんぐみ>
2月、自分で作った迫力あるお面をつけて鬼に大変身。今年の節分は雪の降る寒い日でしたが、元気な鬼が園庭に現れ、みんなを驚かせていました。保育園最後のおわかれ会に向けて劇練習には一層力を入れ、クラスで心が一つになるようにと練習を重ねてきました。ここがよかった!ここはもっとこうしたほうがいい!など、お互いに良いところは認め合い、話し合いながら、みんなで劇を作り上げてきました。当日は「ドキドキスル!」と緊張もありましたが、とても良い表情で自信いっぱいに練習の成果を出すことができて、大成功でした。いよいよ最後の一ヶ月、楽しい思い出をたくさん作りながら、卒園に向けて準備を進めていきたいです。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
毎週月~金・第4土曜日
9:30~15:00
◇園庭開放 毎週火・木・
第4土 9:30~11:00
◇面接相談・電話相談
毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのおたよりはこちらからご覧になれます。↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/9356.pdf