【父母の会便り】運動会特集

2005.11.24  すぎのこ保育園父母の会

 先日のすぎのこバザーでは、皆さんのご協力をいただき、ありがとうございました。
 今回は、遠足と10月23日に行われた運動会の特集です。いくつか感想を紹介したいと思います。

きりん組 「遠足」の感想

 何日も前から「みんなとバスに乗って動物園に遠足に行くんだよ!」と教えると「○○モイク!」
とノリノリで今にも出かけそうないきおいでリュックを背負っていた○○さん。当日は、バスに乗り込むと、
となりに座った○○ちゃんとキャッキャしながら動物園へ。バスの中では自己紹介タイムで、今日見たい動物は?の質問に「ライオンとトラ」
と言ってましたが、残念ながらいませんでした。

 動物園は広くて、いっぱい歩きましたが、抱っこしてとも言わずにがんばって歩いていました。
普段遊んでいる保育園の友達や先生と一緒に、あっちの動物、こっちの動物と見てまわり、モルモットやうさぎを抱っこできるコーナーでは、
こわごわながら座って抱っこして、どうもその中の一匹が気にいったらしく、ずーっとさわっていました。後日、
宮沢湖でモルモットを抱っこすると、「先生が持ってきたんだよね~」とみんなで行った遠足を思いだし、またもやずーっと抱っこしてました。
○○さんも楽しい遠足になったようですが、親の私もとても楽しく先生やお母さん達と遠足できました。

くま組 「運動会」の感想

 初めての運動会は、教室での涙の別れから始まりました。「今日一日どうなることやら・・・上手に出来るかな?よりも、
ちゃんと参加できるかな?」との思いでした。

 そして、くま組の種目、最強かいじゅうトロルからお母さんを助ける為にスタートした栞ですが、なかなか最後のジャンプができず、
完全に動きが止まってしまいました。それでも「ガンバレ、ガンバレ」というみんなの応援のおかげでなんとかジャンプ!ヤッター!とべました!
その後の種目も○○なりにマイペースでこなし(なんとつな引きは、反対に引っ張っていました。)楽しい時間は、
あっという間に過ぎてしまいました。

 夜、「今日一番何が楽しかった?」と聞くと「とんだところ」と答える○○のその顔がとても満足そうで、又、
少し成長を感じた一日でした。

ぞう組 「運動会」の感想

 雨で一週間延びた、今年の運動会。当日の朝は、とても早起き。いつになく支度も早く、晴天にも恵まれ準備万端!

 そして始まった運動会。毎年の事ですが、子供の成長には驚かされます。幼児組さんには、あんな時もあったと懐かしい気持ちになり、
らいおん組さんには、「あんな事までできちゃうんだ!」と、とても感心しました。感動してちょっと泣きそうになりました!

 ・・・そして、今年のぞう組は、4種の中から好きな2種を選んで、「がんばって挑戦!!」がテーマ。
みんなとても一生懸命で輝いていました。トランポリンとはしご登りを選んだわが息子。家では見られない真剣な表情が、とても印象的でした。

ぞう組全員が、満足のいったいい顔だったな・・・。

 ・・・来年はらいおん組。今から「大丈夫かな?」と、親の方が不安と期待を持ちつつ、今後の成長を見守りたいと思います。最後に、
先生に、改めて感謝・感謝です・・・。

らいおん組 「最後の運動会を終えて・・・」

 8年間(姉を含めて)通い続けた、すぎのこ保育園の運動会もとうとう終えてしまいました。
当日は残念ながら雨のため中止となりましたが、子供たちは、一週間延びたおかげで、
できなかった事ができるようになった喜びがあったようですね。

 運動会では、一人一人がしっかり役割をはたす姿がみられ、まず母感激!!うさぎ組の頃からの事を思い浮かべながら、
しみじみ身体も心も成長したなぁ~と改めて思いました。たけ登り、とび箱、大縄とびを次々とこなして行くらいおん組はさすが!!
その中でも一番うたれたのが大縄とび。皆で声をかけ合い、失敗しても誰をせめる事なくは励まし合う心は、素晴らしいですね。
大人にでもむずかしい事。1・・・105、106、107を数えるごとに涙があふれてきた事を思い出します。
飛び終えた瞬間こそがらいおん組みんなの心が一つになったのではないでしょうか?

 一生この事を忘れないで、頑張る気持ち・努力する気持ち・思いやる気持ち、
そしてこの仲間たちと共に歩んだ日々をばねに力強く大きくなってもらいたいと思う母なのでした。先生本当にお疲れ様でした。