2022年5月

 入園・進級から1ヶ月がたちました。子どもたちは、少しずつ新しいクラスや職員にも慣れ、その子のペースでの生活ができているのかなと思います。ところで、保護者の方はいかがですか。困っていること、担任に聞きたいけれどなかなか話ができないなどありませんか。本来であればクラス懇談会を行い、保護者同士顔合わせができたり、担任からクラスや子どもたちの様子を聞いて、関係が縮まっていくところだと思います。どうにか懇談会ができないか、できる方法はないかと考えております。お父さん、お母さんが不安いっぱいでは、子どもたちにもそれが伝わりますよね。何かありましたら、事務室にもお立ち寄りください。
                           

5月の予定
6日 (金) こどもの日を祝う会
9日 (月) 検尿配布
11日 (水) 尿検査(きりん以上)
12日 (木) 尿検査予備日
13日 (金) 避難訓練
28日 (土) 大掃除(職員のみ)

<うさぎぐみ>
初めておうちの方と離れての生活に、不安な気持ちを表していた子どもたちでしたが、少しずつクラスの職員の顔を覚えて、かわいい笑顔を見せてくれる時間が増えてきました。わらべうたをうたうと、からだを揺らしたり、一緒に「バア〜」とやって楽しみました。ベビーカーで園庭へ出ると、山桜やこいのぼりを見上げたり、指差しで教えてくれる姿もありました。手や足についた砂をじっと観察したり、さわって「ドンナトコロカナ〜」と、初めてのことを確かめている姿がたくさんありました。5月は、引き続きスキンシップを大事にしながら、スロープでのハイハイを経験したいと思います。
                           
<りすぐみ>
4月、新しいお友だち4人を迎えてスタートのりすぐみ。新しい場所や職員に“オウチガイイ”と泣いていましたが、一日一日とそんな姿が短くなってきました。安心できる時間が増える中では、お友だちとの関わりも見られるようになりました。一緒に部屋の丸テーブルを囲んでごちそうを作ったり、食べるまねをしたり、みんなでアスレチックにも挑戦していました。また、続々と2歳の誕生日を迎え、“おめでとうのフェルトケーキ”の登場にみんなでパチパチと拍手をして、大喜びでお祝いをしています。5月は散歩に出たり、園庭では、アリやダンゴムシ虫を探してみたいと思います。
                          
<きりんぐみ>
 きりんぐみになって1ヶ月。すぐに外へ出られる部屋になり、子どもたちは朝から元気いっぱいにあそんでいます。園庭に大きなこいのぼりが飾られると「コイノボリ、ミニイコウ!」と友だちを誘い、風に揺られているのを見ると「オバケダー!」と逃げて、追いかけっこが始まり楽しんでいました。部屋では探検するかのようにいろいろな所へ出かけ、調理室の前では“ナニシテイルンダロウ”と興味津々に見入っています。最近では自分でエプロンをして調理室へ行き、食事ができあがるのを心待ちにしている子どもたちです。5月にはトマト、キュウリの苗を植えて、自分たちで水やりなどをして育ててみたいと思います。


<くまぐみ>
4月は、初めての行事の「入園進級を祝う会」に参加しました。緊張したけれどがんばれたと自信をつけ、ひとつ大きくなったという喜びを感じていた子どもたちです。もうくまぐみだからと、今まで苦手だった食べ物を食べてみたり、できなかったことをやってみようと挑戦したりするかっこいい姿も見られました。また、こいのぼりづくりは、大きな紙に絵の具で手形をたくさんつけて、楽しく作ることができました。おうちの人に「ミテ!」と誇らしげに見せるほど、とても素敵なこいのぼりに仕上がりました。5月の「こどもの日を祝う会」では、こいのぼりくぐりを楽しみ、夏野菜を植えて、みんなで育てていきたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
新しいお友だちを1名迎えて、13名でスタートしました。「キョウカラゾウグミ!」「アタラシイオトモダチダ!」と大きくなったことや、友だちとの出会いに喜びを感じているようでした。「入園進級を祝う会」では、みんなの前で自分の名まえを言いました。恥ずかしさもあったかと思いますが、大きな声で言えた姿にたくましさと成長を感じました。部屋では、こいのぼり作りをしました。障子紙を使って染め紙をし、折り紙やはさみ、のりを使って目や形を作っていきました。最後はマジックでうろこを描き、仕上がったものを部屋に飾りました。5月は夏野菜を植えたり、こいのぼりクッキーを作って楽しみたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
4月、新しい友だちを1名迎えて15名でスタートしました。「入園進級を祝う会」ではらいおんぐみになった喜びと共に、どんなお兄さん・お姉さんになりたいかをみんなの前で発表しました。庭の片づけや金魚のエサやり、お米とぎも自分たちがやるんだとはりきる姿も見られました。こいのぼり作りでは、グループに分かれて子ども同士で、どんな模様でどんな色のこいのぼりにするかを相談して作りました。どのグループも、とてもかっこいいこいのぼりになりました。5月は、おみせやさんに向けていろいろな手作りおもちゃを作ったり、園庭での稲づくりを始めたいと思います。

<地域子育て支援拠点ゆりかご>
◇ゆりかごの利用について
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/280202af60fb8.pdf

2022年4月

 3月26日(土)第55回すぎのこ保育園の卒園式が、無事に終わりました。証書をもらった子どもたちが、通路真ん中で保護者の方に、堂々と見せる子どもたちの姿がとても印象的でした。4月からは1年生。元気にがんばってほしいなと思います。
さて、1つ大きくなった子どもたちと、新しく入園してくる子どもたちを迎えて新しい年度が始まります。コロナのこともあり、さまざまなことができなくなっていますが、そんな中でもできることを楽しく取り組んでいきたいと思います。保護者の皆さんと一緒に、子どもたちを見守っていきたいですね。今年度、どうぞよろしくお願いいたします。

4月の予定
12日 (火) 入園進級を祝う会
13日 (水) 避難訓練

<うさぎぐみ>
かわいい赤ちゃんたち、はじめまして!皆さんに会えるのを保育園のみんなで楽しみにしていました。大好きなおうちの方と離れて、はじめての場所と見慣れない大人との出会いに、はじめは泣いてしまうこともあるかもしれませんね。子どもたちの言葉にならない気持ちを汲み取り、寄り添いながら一緒に過ごしていきたいと思っています。おうちの方もお子さんのことや保育園生活について、気になることや疑問などいろいろ聞かせていただけると嬉しいです。4月は保育園が安心できる場所になれるように、スキンシップをたくさんとり、わらべうたや園庭の自然に触れながら、子どもたちと仲良くなりたいと思います。

                           
<りすぐみ>
3月、布をかぶって「バァー!」と顔をのぞかせる子をみて、おもしろそうと次々に真似をし、共感して楽しむ姿がみられました。パチパチ拍手をして、お友だちを“ガンバーレ”と応援したり、お買い物ごっこで、“オイシイネ!”とほほ笑み合いながら一緒に食べるまねっこをしたりと、あたたかい関わりがたくさんみられました。4月は、新しいお友だちを4名迎えて12名でスタートします。新しい環境の中で、初めは戸惑うこともあるかと思いますが、一人ひとりの気持ちを大切に受けとめながら、楽しい日々を一緒に過ごし、おうちの方とともに子どもたちの成長を喜び合っていけたらなと思います。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。
                           

<きりんぐみ>
 3月は予定していた公園に行けず残念でしたが、日頃の散歩を思い出してピクニックごっこを楽しんでいた子どもたち。友だちと手を繋ぎ、嬉しそうに笑いながら園庭をトコトコ散歩する場面があちらこちらで見られました。また言葉がはっきりしてきて、おしゃべりを楽しんだり、お友だちの名まえを呼んで関わろうとする姿も増えていて、またひとつ成長を感じました。4月からは、子どもたちは変わらず12名全員で進級し、きりんぐみのスタートです。泣いたり笑ったりいろいろなことを経験しながら、みんなで一緒に成長していきたいなと思います。今年度も、どうぞよろしくお願いします。
                           
<くまぐみ>
3月は幼児クラスのお別れ会の影響を受けて、わらべうたを真似してみたり、自分は何役になりたいと、今からやる気満々な子や、自分にはできないという子がいました。それぞれいろいろな思いがありながらも、くまぐみになる事を楽しみにしている子どもたち。4月は新しいお友だちを2名迎えて、13名でスタートです。4月の入園進級を祝う会から始まり、他の行事にも参加できるようになるので、どんな姿が見られるのか楽しみです。担任も1人になり、環境も変わる中では不安な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれませんが、楽しく過ごせるようにがんばろうと思います。今年度もどうぞよろしくお願いします。
<ぞうぐみ>
3月は、幼児ぐみでおわかれハイキングに行きました。らいおんぐみに手をつないでもらい、嬉しそうに歩き、山道に入ってからは急な坂道を1人でグングン進んでいく子どもたちの背中はとても頼もしかったです。天神様でお弁当を食べ、「オイシイネ!」と話していました。また、らいおんぐみに卒園のプレゼントを作る中で「コンドハゾウグミニナルンダネ!」と進級する喜びも感じているようでした。4月からは新入園児を1名迎えて13名でのスタートです。こんな状況ではありますが、できることを探しながらたくさんお出かけをしたり、行事を通して子どもたちと共に楽しみ、成長を見守っていきたいと思います。
<らいおんぐみ>
3月、おわかれ会では緊張した様子がありながらも、自分たちの力を存分に見せることができた子どもたち。ポップコーンでカンパイし、劇の成功を喜び合うことができました。おわかれ遠足では、幼児ぐみで天神様に行きました。天神様の裏山には小さな祠がいくつかあり、「カミサマノオウチダネ!」とちょっとした冒険を楽しんでいました。また、らいおんぐみとあそんだことを思い出しながら、ペン立てのプレゼントを作りました。「サミシイネ」と言いながらも、進級を楽しみにしていました。最後の一年は新しい友だちを1名迎え、15名でのスタートです。さまざまな行事を年長ぐみとして経験しながら、子どもたちと成長の喜びを分かちあえたらと思います。

<地域子育て支援拠点ゆりかご>
◇ゆりかごの利用について
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/27421328a5f42.pdf

2022年3月

 新型コロナウイルス感染症の状況が一向に良くならず、今年度の「おわかれかい」も保護者の方の参加は無しで行う決断をしました。子どもたちは、クラスの中でどのようにやったらかっこよくできるかなど話し合い、道具などもみんなでできるものは作って準備を進めてきました。お父さん・お母さんに見てもらうことを楽しみにしていたと思います。本当に残念ですが、子どもたちのがんばりは配信することにします。らいおんぐみと、もう少しでお別れです。卒園までの間、大好きな食事のリクエスト献立や、園庭であそんだり、おでかけやなどで楽しく過ごせたらいいなと思います。子どもたちを見守っていきたいです。
                       

3月の予定
3日 (木) ひなまつり会
4日 (金) おわかれ会(幼児ぐみ)
7日 (月) 避難訓練
26日 (土) 卒園式(らいおんぐみ)
28日 (月) ~4月4日(月)新学期準備協力保育

<うさぎぐみ>
2月は、新聞紙あそびをしました。大人がビリビリ破く姿を見て、子どもたちもやってみたり、新聞紙を小さく丸めて楽しむ姿がありました。また、破いたふかふかの新聞紙の中に寝転がり、全身で感触を楽しむ子どもたちでした。ベランダでは、みんなでコンビカーに乗ってお出かけごっこや、ベビーカーの横に隠れて「バー」と顔を出してかくれんぼをしてあそびました。友だちが転んでしまった時に、大丈夫というように背中をトントンしてくれたり、頭を撫でて寄り添う気持ちにニコリとして、またあそび始める姿もありました。3月は、散歩に行って春を感じたり、身体をたくさん動かしてあそびたいと思います。
                           
<りすぐみ>
節分に向けて、新聞紙を丸めて豆を作りました。大小さまざまな豆ができて、テープでとめることにも挑戦していました。赤と青の鬼の絵を貼って、豆をぶつけて鬼退治。こわいと言っていた子も楽しんで投げていました。寒かった2月は、園庭には霜柱や氷がたくさんできました。霜柱も身近なものになり、すぐに見つけて集めることに夢中になる姿がありました。また、三輪車にも良くまたがっています。こいで進めるようになり、山桜の木の周りをドライブしたりと楽しんでいました。3月、友だちと手を繋いで公園へ行き、春をみつけたり身体を動かしてあそび、おやつを食べたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
2月、大きなオニを描き“オニハソト”と豆をぶつけてあそびました。“オニ、ヤッツケル!”と力いっぱい投げ、はりきっていました。節分当日は、少し怖いけれどワクワクしながらオニの登場を待ち、小さなオニが園庭に来るとがんばって豆をぶつけ、みんなで退治成功!帰って行くオニを見ながら“ヤッター!ヤッツケタ!”と誇らしげでした。また友だちとの関わりもより深くなり、けんかなどがあると“ハナシキイテイテクルネー”と泣いている子を心配して迎えにいき、手を繋いで戻ってきたりと子ども同士で気持ちを伝え合う姿も多くなってきました。3月は散歩にでかけ、春を見つけに行きたいと思います。
<くまぐみ>
2月は、保育園に鬼が来ました。泣いた子もいましたが、みんなが勇敢に立ち向かい豆を投げたので、無事に鬼を退治することができました。おわかれかいに向けて、一緒に劇の道具を作ったり、「7ひきの子やぎ」に出てくるオオカミのように小麦粉を使って手を白くする体験をしたりと、さまざまな角度から楽しんできました。子どもたちは少しずつセリフを覚え、いろいろな役をやりながら取り組んでいます。本番まであと少しになりますが、子どもたちと楽しみながら参加できればと思います。3月は幼児ぐみでおわかれハイキングに出かけたり、部屋の掃除をしながら、ぞうぐみに進級する喜びをふくらませていきたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
2月、すぎのこに鬼が来ました。らいおんぐみがいなかったので、「ゾウグミガチイサイコヲマモルンダ!」とはりきっていました。泣いた子もいたけれど、他の子たちが助けに来てくれて、みんなの力で鬼をやっつけることができました。劇の取り組みでは、みんなやる気があって「コウイウフウニヤルトイイネ」とさまざまなアイデアが子どもたちの中から出てきます。「コエガオオキクテ、スゴクヨカッタ」とお互いに励ましあう姿は、さすがぞうぐみ。本番がとても楽しみです。3月はらいおんぐみと一緒におわかれハイキングに出かけ、楽しかった思い出を振り返りながら、進級を楽しみに待ちたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
節分では、秘密のお仕事と称してオニになりきりました。鬼の顔を描いた紙袋をかぶり、黒のビニール袋を服にして登場しました。子どもたちと歩き方や動きを工夫して、どうしたら迫力が出るかを考え、大成功で終えることができました。またおわかれかいの劇も、より気持ちが入り毎日取り組んでいました。役が決まり、子どもたちもぐっと気持ちが引き締まって、セリフを言う声が大きくなったり、動き一つひとつに自信がついてきたと感じます。クラスみんなで気持ちをひとつに、本番に臨みたいと思います。3月でいよいよ卒園です。わらべうたであそんだり、おでかけに行き、たくさん思い出を作りたいと思います。

<地域子育て支援拠点ゆりかご>
◇ゆりかごの利用について
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/27125ddd07008.pdf

2022年2月

 すぎのこ保育園の元園長として、33年間並々ならぬご尽力をいただいた中里幸矢さんがお亡くなりになりました。職員を見守り、困っている時にはそっと助けてくれる方でした。子どもに対しては、いつも本気でぶつかり野球・相撲・オセロなど、わざと負けることはせず、時には大人げないことを言いながら、向かい合っていた姿がなつかしいです。ご葬儀では、ずっと前の保護者や卒園児、元職員もたくさん集まり同窓会状態に。「冗談じゃないよ!静かにしろって!」と、苦笑いをしていたことでしょう。こんなにみんなから愛されていた方は、いらっしゃらないと思います。“すぎのこをたのみます”と亡くなる数日前に病床からの
最期のメッセージをいただいた私たちは、これからも力を合わせてすぎのこ保育園を守らなければと強く思いました。

2月の予定
3日 (木) 節分
9日 (水) 避難訓練
26日 (土) おわかれ会(幼児ぐみ)

<うさぎぐみ>
 1月は、外で氷や霜柱をみることができました。大人が持って見せると、初めは“ナンダロウ?”とじっと見つめていた子どもたちでしたが、だんだんと手を伸ばして感触を味わっていました。部屋では、トンネル肋木を机にして、カップの中に麺にみたてたチェーンリングを入れたものなどでお料理を作り、数人で同じように並んでおいしそうに楽しむ姿もありました。友だちのことを、“オイデー!”と呼んで、おもちゃを「ドウゾ」と渡してもらった子は、ぺこりとおじぎをしていたりと可愛らしいやりとりがたくさん見られました。2月は、節分の再現あそびやわらべうたを楽しみたいと思います。
                           
<りすぐみ>
 寒さの厳しかった1月。「テガツメタイ~!」とびっくりする子もいましたが、手をさすって温めたり、日当たりのいいところでご馳走作りをしてあそびました。「はっけよーいのこった!」とお相撲をしてみると、見よう見まねで力強く押しきって「ヤッター!モウイッカイ!」と繰り返し押し合いをして楽しめました。部屋では小麦粉粘土を3回ほどやりました。気に入った様子で集中する子どもたち。引っ張って伸ばしてちぎったり、コロコロ丸めたり、「ケーキ」「トトロ」など具体的に作る姿もありました。2月は節分の雰囲気を味わったり、からだをたくさん動かしてあそびたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
1月は、お正月の雰囲気を楽しみながらこたつをイメージして、みんなでかたまっておままごとをしました。「アッタカイネ!」と、自然と笑顔になっていました。外では、氷をみつけて「ツメターイ!」と言いながらも触ったり、スコップで集めたりしていました。寒い日でも外に出て、たくさんからだを動かしていました。またあそびや生活の中で、“ありがとう”という言葉がよく使われるようになって、気持ちのいい会話のやり取りが聞かれるようになってきました。2月は節分があるので、元気に鬼をやっつけることができるか楽しみです。手先を使ったあそびも取り入れながら行事を楽しもうと思います。
<くまぐみ>
1月はお正月のあそびとして、福笑いをしました。布で目隠しをしながら、友だちの「ソレハ、ハナ!」「マユゲ!」という声だけを頼りに、顔の部位を紙に乗せていました。完成したものをみて、「ヘンナカオ二ナッテル」と大笑いの子どもたちです。おわかれかいでは「おおかみと七ひきのこやぎ」をやります。今クラスではごっこあそびを通し、おおかみややぎの役をやりながら、物語や劇の世界を楽しんでいるところです。2月は、逃げるやぎのイメージを持ちながら部屋の中でかくれんぼをしたり、おおかみが足を白くするときに使う小麦粉を実際に触り、おわかれかいに向けて楽しい雰囲気を作っていこうと思います。
                           
<ぞうぐみ>
1月、お正月のあそびを楽しみました。サンタさんからもらったすごろくは、最初は難しかったけれど、今ではすっかりルールを理解し、友だちと毎日のように楽しんでいます。福笑いもおもしろい顔ができるたびに大笑いする姿が見られました。庭ではバナナ鬼や氷鬼など、ルールのあるあそびをたくさんやりました。長縄では怖がっていた子が勇気を出してはじめの一歩を踏み出したり、もっとたくさん飛びたい!もっと難しい技をやってみたい!という意欲的な子どもの姿がたくさん見られました。2月はおわかれ会に向けて、みんなでいろいろなアイデアを出し合いながら、みんなの力で素敵な劇を作り上げられたらと思います。

<らいおんぐみ>
1月は、かるたやトランプでたくさんあそびました。ますますひらがなや数にも触れる機会が増えて、小学校への気持ちがふくらんでいます。外では、おにごっこやかくれんぼでクラス全員であそぶことがたくさん見られ、こうしてあそぶこともあと少しだと思うとさみしくなります。また、おわかれかいに向けて劇あそびを始めました。紙芝居を見ながら、すぐにセリフをまねして言ったり、わらべうたを口ずさみながら楽しんでいます。いろいろな役をやりながら、子どもたちからも意見をもらい進めています。2月の本番ではかっこいい姿が見せられるよう、子どもたちとがんばっていきたいと思います。

<地域子育て支援拠点ゆりかご>
◇ゆりかごの利用について
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/26828ae4ac97c.pdf

2022年1月

 お正月はゆっくり過ごせましたか。お仕事だった方もいらっしゃったのかもしれませんね。お子さんと、のんびりと過ごせたのならよかったです。1月のごっこあそびの中で、子どもたちのどんなお正月の再現あそびが見られるのか楽しみです。さて、新型コロナウイルス感染拡大への新たな不安が続いています。今後、懇談会はできるのか、電車に乗ってのお出かけに行けるのかなど考えていましたが、もう少し様子を見ていきます。そんな中でも子どもたちが、保育園は楽しいと思ってもらえるよう、職員一同過ごしていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1日 (金) ~1月3日(月) 年末年始休園
11日 (月) 鏡開き
13日 (水) 避難訓練
14日 (木) 記念写真撮影
17日 (日) 記念写真撮影予備日

<うさぎぐみ>
 12月は、寒い日がだんだん多くなり、庭に出られない時は陽の当たる屋上でおでかけごっこをしたり、“ヨーイドン”とかけっこや、ハイハイ競争をして楽しむこともありました。園庭に出られた日には砂で作ったケーキに落ち葉や木の枝を立ててお誕生日ごっこをしたり、大きい子たちを真似てボールを投げたりキックしたり、三輪車にまたがってあそぶ姿も見られました。友だちとのかかわりも楽しくて、手をつないでお散歩ごっこをしたり、“ダイスキ!”とハグしあう可愛い光景もたくさん見られました。1月は、お正月に体験した新年のごあいさつの再現あそびや、霜柱を見たり触れたりして、寒さに負けずに過ごしたいと思います。
                           
<りすぐみ>
12月、部屋にクリスマスツリーを飾ると“キラキラシテル~”と喜ぶ子どもたちでした。「クリスマスのごちそうはなぁに?」と声をかけると唐揚げ作りが始まり、エプロンや三角巾を着けてお料理する子、お皿やバッグを持って”クダサーイ”と買いに行く子とそれぞれでした。また、寒くなってきましたが、毎日元気に庭に出ていました。幼児ぐみの子たちが霜柱を見つけて、りすぐみにもたくさん分けてくれました。不思議そうに持ってみると、冷たくてびっくり。その後はバケツに集めたり、霜柱のお料理作りを楽しみました。1月はお相撲あそびでからだを温かくしたり、小麦粉粘土にもまた、挑戦したいと思います。
                           
<きりんぐみ>
12月は寒さに負けず朝早くから外へ出て、おいかけっこやかくれんぼなどであそびました。大人がオニ役をしていましたが、最近では子ども同士で交代し、オニ役も体験しながら思いっきり走り回り楽しんでいます。またカブ、にんじんの種まきをしました。なかなか芽が出ないと心配し、「サムイカラデナイノカナ?フトンカケヨウカ?」と友だちと相談し砂をかけたり、発芽すると共に喜び合い思いを共有していました。友だちと共感してあそぶことも上手になってきて、ますます一緒が楽しい事を経験している子どもたちです。1月は、お正月に体験したことを再現してあそびたいと思います。


<くまぐみ>
12月は、クリスマスに向けてリース作りをしました。丸い型のダンボールに緑の絵の具で色をつけ、スパンコールやモールなどで飾り付けをしました。キラキラ輝くすてきなリースが完成し、「サンタサンハホイクエンニモクルヨネ」「プレゼントホシイネ」と楽しみにしていました。外では、代わり鬼や氷鬼などをやりました。少しずつルールのあるあそびを楽しめるようになってきて、友だち同士で追いかけ合う姿や、逃げる子を「ニゲロ!ガンバレ!」と応援する姿があり、寒い中でも思い切り走って楽しんでいました。1月は、お正月の再現あそびをしながら、おわかれ会にむけて劇あそびも楽しんでいきたいと思います。
                     
<ぞうぐみ>
12月は、こままわしの会がありました。ひもゴマは難しかったけれど、うんどう会でさまざまな技をできるようになったという経験が、子どもたちにとても大きく、回せなくても何度も挑戦する姿が見られました。「ウンドウカイモデキタカラ!」「ガンバレバデキル!」と言う子どもたちに大きな成長を感じました。また、クリスマスに向けて飾りを作りました。友だち同士で教え合いながら、クリスマスを楽しみに待つ子どもたちでした。1月は、みんなでお正月のあそびを楽しみたいと思います。またおわかれ会に向けて劇あそびをしたり、天気のいい日には外に出てルールのあるあそびを楽しんだり、冬の自然を感じたいと思います。

<らいおんぐみ>
こままわしの会に向けて、毎日たくさんこまに触れてきました。丸テーブルやつみきの上でまわしたり、おおごまにも挑戦していました。友だちにコツを教えてあげたり、励ましの言葉をかけている姿がたくさんあり、友だちと一緒にがんばりたいという気持ちが伝わってきました。本番では一人ひとりが技を披露し、がんばってきたことを見せることができました。また、外では木のぼりや鬼ごっこであそびました。鬼ごっこの種類も増えて、友だちと日々ルールを決めながらたくさん楽しみました。1月は、子どもたちと話し合いながら劇づくりを進めていきたいです。節分に向けての準備も楽しみながらやりたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/2649527d852a5.pdf

2021年12月

先月はうんどうかい、いもほり、山登り、もちつきと、幼児ぐみはたくさんの行事がありました。子どもたちは、それぞれ気持ちよく元気に取り組んでいました。うんどうかいは、平日の行事になってしまいましたが、各クラス、保護者の方に見学していただき、ありがとうございました。ぞうぐみ・らいおんぐみは、巾着田まで行き返り山道を通って歩き、がんばりました。現在、新型コロナウイルス感染症の感染者数が減少していますが、マスク着用、検温、うがい、手洗いなど、感染拡大防止のため引き続きご協力くださいますようよろしくお願いします。

12月の予定
10日 (金) こままわしの会
11日 (土) 大掃除(職員のみ)
13日 (月) 避難訓練
22日 (水) 冬至
24日 (金) クリスマス会
29日 (水) ~1月3日(月) 年末年始休園
※ 12/4のくま・きりん懇談会は中止しました。

<うさぎぐみ>
 11月は、気温が下がり、寒さを感じる日もありましたが、庭で紅葉した葉を触ったり、掴んでパラパラ〜とふらせてみたり、砂場ではカップの中に砂と葉っぱを入れてケーキを作ったりと、秋を感じながら楽しむ姿がありました。友だちがアスレチックの丸太を登っていると、刺激を受けて挑戦する姿にたくましいなと感じました。部屋では、大人と一緒にキューピーをトントンして寝かせてあげたり、おしりを拭いてあげたりと、自分の経験と重ねながら、お世話を楽しむ姿がありました。12月は、体調に気をつけながら散歩に出かけたり、庭でたくさん身体を動かしてあそびたいと思います。
                           
<りすぐみ>
11月は、柿堂公園にあそびに行ってきました。いつもと違う遊具に喜び、広い原っぱでのびのび走りまわったり、落ち葉やどんぐりをはりきって探し、「アッタヨー!」ととっても嬉しそうに見つける姿が可愛らしかったです。「モッテカエル!」と大事に手にして、保育園まで持ち帰ってきた子もいました。庭では、初めてトランポリンに乗りました。自分でジャンプしたり、寝転がって弾むのを気持ち良さそうにする子どもたちでした。12月はクリスマスの雰囲気を楽しんだり、体調に気をつけながら外でも部屋でも、からだをたくさん動かしてあそびたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
11月は、友だちと手を繋いで公園までお散歩に出かけました。落ち葉をたくさん集めてかけあいをしたり、切り株の上でお料理作りをして、秋らしいあそびをたくさん楽しめました。子どもたちから、いろいろなあそびかたをみつけて楽しめる姿にすごいなと感心しました。また、お兄さんお姉さんになったという意識がでてきたきりんぐみ。うんどうかいに参加する幼児ぐみのかっこいい姿に刺激され、ああなりたいと思える憧れの存在になり、跳び箱やポックリ、平均台などに進んで挑戦していました。12月は、年末の雰囲気を感じながら、寒さに負けずたくさん身体を動かしてあそびたいと思います。
<くまぐみ>
11月のうんどうかいは、はじめての経験でしたが、子どもたちはそれぞれの力を発揮して、ろくぼくの山やトンネル、一本橋などを越えていました。取り組みを重ねるうちにできなかったことができるようになったり、友だちと一緒にやる中で、成功した時の喜びを感じたり、自分の自信につながったようでした。緊張や葛藤もある中で、今できることを見せることができた子どもたちです。部屋では、手回しごまに挑戦しています。子ども同士、教え合いながら楽しんであそんでいます。12月は引き続きこま回しを楽しんだり、クリスマスツリーを飾って、冬を感じながら過ごしていきたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
みんなが楽しみにしていたうんどうかい。友だちに刺激されながら、また教え合いながら、今よりもっとすごい技ができるように取り組んできました。当日は、いつもと違う雰囲気に固くなっていましたが、みんなでその葛藤を乗り越え、お家の人たちの見守る前でかっこいい姿を見せることができ、大きな自信を掴めたと思います。いもほりでは、固い土に苦戦していましたが、子ども同士で助け合う姿も見られ、取れたおいもを片手に「ミテ!コンナオッキイ!」と嬉しそうに笑う子どもたちでした。12月はクリスマスの飾りつけをしたり、部屋の大掃除をして、年末年始の雰囲気を楽しみたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
2ヶ月近く取り組みを続けてきたうんどうかい。本番当日は「キンチョウスル〜」という声もありましたが、今までがんばってきたことを出しきって大成功でした。大きな金メダルをみんなに渡すと、子ども同士で「ガンバッタカラネ!」と声をかけあって認めあう姿がとても素敵だなと感じました。おうちの方たちに見てもらってたくさん褒めてもらったこと、また一つ自信をつけて大きくなったように思います。部屋では小学校に向けての気持ちが膨らみ、ひらがなで自分の名まえを書いたり、絵本を読んだりしています。12月は、こままわしで技を見せ、クリスマスに向けての準備を進めたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/26257df75762f.pdf

2021年 うんどうかい

コロナ禍のうんどうかい。今年も幼児組だけの参加でした。

青空に手づくりの旗が映えます。

くま組(3歳児)

電車に乗って、すぎのこの森へ出発です。

すぎのこの森では、山をこえ、川をこえ、楽しく遊びました。

ぞう組(4歳児)

鉄棒で色々なわざが発表されました。

らいおん組(5歳児)

年長さん恒例の竹のぼり。くす玉が竹のてっぺんにセットされ、輝きました。

最後は全員で長縄跳びでした。

2021年11月

 今、幼児ぐみの子どもたちはうんどうかいに向けて、いろいろなことに挑戦しています。そして、その姿を見て乳児ぐみの子どもたちもポックリをさわったり、鉄棒にぶら下がっています。当日は、保育の中で幼児ぐみのみの参加とし、保護者の方にはクラスごとの入れ替え制で見ていただくことになりました。懇談会等の中止もあり、本来すぎのこで大切にしている保護者の方との信頼関係はどうなっているのだろうかと不安もあります。担任との面談を入れていますので、心配なことなどありましたらお知らせくださいね。                          

11月の予定
1日 (月) 内科検診(全員)
5日 (金) 避難訓練
10日 (水) うんどうかい(幼児ぐみ) (予備日は12日)
17日 (水) さつまいも掘り
18日 (木) 歯科検診(全員)
26日 (金) もちつき
※ 11/11(木)ぞう・らいおん遠足、11/13(土)りす・ぞう懇談会は中止

<うさぎぐみ>
10月は秋の心地よい涼しさを感じられるなか、散歩に出かけました。ベビーカーに乗りながら、周りの景色をよく見て“ワンワン!”など楽しそうなおしゃべりが聞こえてきたり、電車が通るとじっと見つめていました。部屋の中でも飛行機の音がするとすぐに気付き、空を見上げて“バイバーィ”と手を振ったり、いろいろなものに関心を持ちながら過ごしていました。イメージを持ったあそびもさらに豊かになり、カップを口に当ててごくごく飲む真似をしたり、積み木を耳に当て電話に見立ててお話しする姿も微笑ましいです。11月も自然に触れながらあそんだり、部屋ではキューピーのお世話あそびを楽しみたいと思います。
                           
<りすぐみ>
10月、部屋では布のヒモを丸めておにぎりに見立てたり、チェーンを焼きそばにしてお弁当作りを楽しみました。できたお弁当を持ってでかけようと、箱や牛乳パックのイスを繋げた電車に乗るあそびになり、運転手になる子もいました。今まで参加しなかった子も電車に乗ったり、お弁当を食べるまねをするようになり、同じイメージで楽しめるようになりました。外では、幼児ぐみがうんどうかいで用意しているポックリに足を乗せてみたり、とび箱二段の上からマットにジャンプしたり、普段とは違う遊具に触れてあそびました。11月は公園まで交代して歩きながら散歩に行き、きれいな落ち葉やどんぐりを拾いたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
 幼児ぐみが竹のぼり、ポックリ、縄跳びなど、うんどうかいの練習をしているのを見て、早速挑戦していました。見様見真似で竹にしがみついたり、ポックリに足を乗せ“アレ?アレ?”と言いながらも進もうと意欲的でした。大縄跳びでは回したい子が多く“ヤリタイ!”“○○ガオワッタラ~チャンネ!”“ウン!”と順番を自分たちで決めて交代していました。またけんかの時に、仲裁に入り“ダイジョウブ?イヤダッタネ。コレ、ヤル?”と友だちの気持ちに寄り添う姿があり、友だちとの関わりがますます強くなってきたところです。11月は友だちと手を繋いで公園まで散歩に出かけ、秋の深まりを感じたいと思います。
<くまぐみ>
10月は天神様に行きました。くまぐみで初めての山登りに挑戦。前日の雨で薄暗くじめっとしていましたが、そんな雰囲気でさえも「ブキミダネ」と楽しんでいました。どんぐりを拾ったり、セミや抜け殻も見つけてこんなに時期に珍しいねと話しました。天神様に着くとお弁当をおいしそうに頬張っていました。また山に登りたいと、次を楽しみにしている子どもたちです。うんどうかいに向けて、ダンボール電車に絵の具で色をつけました。「ピンクノカワイイデンシャニショウ」「キイロノセイブセンニショウ」とそれぞれ塗っていました。うんどうかいは、子どもたちにとって初めての経験ですが、楽しみながら参加したいと思います。
                         
<ぞうぐみ>
10月、天覧山へ出かけしました。どんぐりや落ち葉を拾いながら、秋の楽しいハイキング。慣れない山道に滑ったり疲れたりもしましたが、それでも泣かずにがんばれたり、「〇〇チャン、ガンバーレ!」とみんなで手拍子しながら声を合わせて応援する姿が見られ、友だち同士の繋がりがまた一段と強くなったと思います。うんどうかいの練習でも友だち同士で教え合い、できた時に何よりも友だちが「デキター!」と喜んでくれる姿があって、集団としての成長を感じています。うんどうかいに向けて、挑戦することの楽しさを感じ合い、できるようになったことを共に喜び合いながら、当日を迎えたいと思います。
                           <らいおんぐみ>
10月はクラス全員での長なわに力を入れてがんばりました。走りぬけ、8の字とび、どちらも回数を重ねるごとにスムーズにできるようになり、子どもたちに自信がついてきたように感じます。そして、久しぶりのおでかけは龍崖山に行きました。全てが歩きという中で、なかなかハードなものとなりましたが、山道もがんばって歩き通すことができました。帰り道は無口になりながらも、しっかり一歩一歩踏み出す姿は強くなったなと感じました。うんどうかいに向けて旗づくりもしました。絵の具のパレットを使ってのびのび描き、本番に向けて気持ちが高まっています。クラス全員で気持ちを1つにして、保育園最後のうんどうかいをいいものにしたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/25959a4e82225.pdf

2021年10月

 8月末から9月中旬のクラス閉鎖の際には、ご協力いただきありがとうございました。その後の生活は、クラスごとで過ごすことにし、園庭であそぶ時間も乳児ぐみ・幼児ぐみで分け、朝・夕方の延長保育もできるだけ密集しないように気をつけています。他のクラスに出入りしてあそんでいた生活から一転してしまいましたが、子どもたちはそれも楽しんでいるようです。
先日らいおんぐみの朝の様子を見ていたら、子ども同士関わってあそび、園庭を使っていい時間になると部屋を片付けて出ていました。もう少しこの生活を続けていこうと思っています。

<うさぎぐみ>
9月は暑さが少し和らぎ、2階のテラスや園庭に出て外あそびを楽しむことができました。テラスのコンビカーを自分の力で押して走らせたり、園庭では色づいた落ち葉を拾ったり、砂をカップに入れてごちそう作りもしています。また、ローラー滑り台の丸太スロープを登ったり、高い段差を自分で登り降りしようとする姿は真剣そのもので、子どもたちの意欲に驚くばかりです。室内ではホースでタッパーを太鼓のように叩いておまつりごっこをしたり、友だちや大人と手を振ったりタッチをしておでかけごっこをしたりと、イメージを持ったあそびも楽しんでいました。10月もたくさんからだを動かしてあそび、園外へのお散歩にも出かけて秋の自然を感じたいと思います。
                           
<りすぐみ>
9月、部屋ではプールの再現あそびを楽しみました。段ボールの囲いをプールに見立てその中でワニ泳ぎをしたり、ホースをシャワーに見立てて水を掛け合ったりしました。初めはイメージが沸かなかった子も、友だちが気持ち良さそうな様子を見て、自然とにこにこ泳ぐ姿がありました。仲良しのキューピーもプールに入れて、世話あそびにも発展していました。庭では幼児ぐみがやっている鉄棒や竹登り、平均台を一緒にやらせてもらいました。上手にバランスをとって平均台の上に立つと、大人とじゃんけんの真似をしたり、そこからジャンプをして楽しんでいました。10月は散歩を楽しみながら、秋の雰囲気にたくさん触れたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
9月は、初めてボディペインティングをしました。絵の具を混ぜている時から興味津々で、「〇〇チャンマークノイロダ!」と話が盛り上がっていました。いざ始まると、あっという間に大きな白い紙がカラフルになり、手の色が「イッショダネ!」と嬉しそうな子どもたち。終わる頃には体中がキャンバスになっていました。初めての絵の具が楽しめて、「マタヤリタイ!」と話していました。部屋では、よくパズルであそんでいて、「コレドコ?」「ココダヨ」と子ども同士で教え合う姿も見られています。10月は、うんどうかいの雰囲気を楽しみながら、鉄棒や平均台、跳び箱などを使ってあそびたいと思います。
 <くまぐみ>
9月は、りすぐみから肋木を借りてきて登ったり、平均台やマットでのでんぐり返し、フープ跳びなどをして楽しみました。友だちが成功したことを喜び、「コウヤルンダヨ」と教えてくれたり、子ども同士の素敵なやりとりが見られました。また、ボディペインティングをして、紙や自分のからだに絵の具をつけました。体中をいろいろな色で染めて思い切り楽しんでいた子どもたち。できる子はもちろん、去年はからだにつけるのが嫌だった子も今年は楽しく絵の具と触れ合う姿に成長を感じました。10月は引き続き身体を動かしてあそんだり、天気の良い日には散歩に出かけて秋を感じながら過ごしたいと思います。
                         
<ぞうぐみ>
9月、ぞうぐみは外でからだをたくさん動かしてあそびました。自転車に乗れる子が多くなり、それに刺激されて新たに挑戦する姿が見られました。とび箱の上をでんぐり返しで越えたり、鉄棒で前回りができたり、ぽっくりで庭を一周する中で、だんだん自信がついてきたのか、少し転んだり落ちたりしても泣かないで「モウイッカイヤッテミル!」とやる気満々で挑戦を繰り返す子が増えてきました。みんなが楽しみにしているうんどうかいに向けて、これからもさまざまなことに挑戦していけたらと思います。また練習の合間には、秋の気持ちよい空気を感じながら、天覧山などにお出かけしたいと思います。

<らいおんぐみ>
うんどうかいに向けて、竹のぼりや長なわに取り組み始めました。子ども同士で声をかけあいながら、がんばっている姿が誇らしいです。一人ひとり毎日目標を決め、上達が見られるとみんなで喜びあっていて、本番までまだ1ヶ月以上ありますが、この気持ちを大切に取り組みを続けていきたいなと思います。部屋では、かるたやトランプでよくあそびました。かるたでは、読み手も子どもたちが交替でやり、あそびの中でひらがなへの興味がぐっと深まってきたなと感じます。10月は、わらべうたを楽しみながら、クラス全員での長なわにも力を入れてがんばりたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/25589d5f8fdd6.pdf