2021年4月

 3月27日、らいおんぐみの子どもたち12名が卒園しました。それぞれ、似合う服装での登場でした。できるだけ子どもたちを見て保育証書を読もうとしていると、子どもたちもキラキラした瞳でしっかりこちらを見ていて、時にはうなづいて聞いている姿は、誇らしげで堂々としていました。学校へ行ってもがんばってほしいです。さて、いよいよ新学期がスタートします。入園・進級おめでとうございます。初めは泣いてしまう子がいるかもしれませんが、保育園が安心して過ごせる場になるように子どもたちに寄り添い、信頼関係が持てるよう関わりを持っていきたいと思います。何かありましたらすぐに担任や、事務室にいる職員に話をしてください。どうぞよろしくお願いします。
                           

4月の予定
9日 (金) 入園進級を祝う会
15日 (木) 避難訓練

<うさぎぐみ>
 はじめまして!かわいい赤ちゃんたち。保育園のみんなが、お会いできるのを楽しみに待っていました。初めての場所で大好きなお家の人と離れて不安になったり、泣いてしまうこともあるかもしれませんね。一人ひとりの不安な気持ちもしっかり受け止めて丁寧に寄り添い、楽しいあそびやわらべうた、屋外に出て春の自然に触れる中で、保育園が安心して過ごせる場所になれるよう、お子さんに向き合っていきたいと思います。お家の方も初めてお子さんが過ごす集団生活なので、心配なこと疑問等は気兼ねなくどんどんお話ししてください。お子さんを真ん中に伝え合い、一緒に育ち合っていきましょう。

<りすぐみ>
 3月は庭に出ると駆け回ったり、公園に行くと大きな滑り台に果敢に登っていったりとたくましい姿を見せてくれた子どもたちでした。散歩に行くと、「アルク!」という子もいて、大人や友だちとも手を繋ぎながら楽しんでいました。4月からは、新入園のお友だち4人を迎えて12人でスタートします。新しい環境に戸惑うこともあるとは思いますが、みんなが安心してのびのび過ごせるように、子どもたち一人ひとりの思いに寄り添いながら生活していきたいと思います。お友だちと一緒で楽しいという経験もたくさん持ちながら、一緒に成長を見守っていけたらと思います。一年間どうぞよろしくお願い致します。
                           
<きりんぐみ>
りすぐみ最後の3月、きりんぐみになるお祝いで少し遠い公園に行きました。ブランコやすべり台に乗り、一緒に話をして楽しんでいる姿が見られました。友だちとの関わりが上手になってきたなと思います。また自然が大好きで、幼児クラスのプランターに咲くチューリップの花をうっとり眺めて、水やりもしています。今年度、担任は変わりますが、子どもたちはそのままの12人できりんぐみに進級できるので、落ち着いた生活を送れたらいいなと思います。下の部屋になり、自由に園庭に出られるようになるので、外あそびも充実させ、子どもたちと楽しくあそんでいきたいと思います。
<くまぐみ>
3月は、お弁当を持ってお出かけに行きました。重たいリュックを背負っているようには見えないくらい、たくましく歩いている子どもたち。持って行った縄であそんだり、わらべうたをうたったりして楽しみました。そして待ちに待ったお弁当は、大人や友だちに自慢しながら嬉しそうに食べていました。食事の食器がくまぐみのものに変わったり、クラスのおもちゃをみんなで掃除する中で、もうすぐくまぐみになるのだと、大きくなることに期待を持っている子どもたちです。4月からは新入園児1名を迎えて、12名でのスタートとなります。くまぐみになった喜びを感じながら、子どもたちと楽しく過ごしていきたいと思います。

<ぞうぐみ>
3月、幼児ぐみでおわかれハイキングに出かけました。急な山道に「コワイー!」と戸惑いを見せながらも、がんばって歩き、天神様でお弁当を食べる頃には「タノシイネ!」と笑顔を見せた子どもたちでした。たくさんあそんでもらったらいおんぐみに卒園のプレゼントを作ったり、部屋の大掃除をする中で、「モウスグゾウグミダ!」と進級する実感もわいてきて、「アトナンカイネタラ?」と楽しみにしている子どもたちです。4月は2名の新入園児を迎えて16名でのスタートになります。おでかけをしたり、さまざまな行事の中で子どもたちの成長をともに見守れたらと思います。どうぞよろしくお願い致します。

<らいおんぐみ>
3月はらいおんぐみと多峯主山、幼児ぐみで天神様へ出かけました。「ライオングミトノオデカケ、サイゴダネ」と寂しそうに話す子どもたちでしたが、楽しく行ってこられて素敵な思い出となりました。また、卒園プレゼントもフェルトを巻いた鉛筆立てに花を飾り、心を込めて作りました。部屋のおもちゃや、庭の砂場用おもちゃをスポンジで洗う中で、「モウスグライオングミダカラネ!」と頼もしい言葉があり、年長への気持ちが膨らむ姿がありました。4月からはいよいよらいおんぐみ。保育園生活最後の1年間、さまざまなことを経験したり、友だちと思いきりあそびながら、たくさん笑って楽しく過ごしていきたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/23388f5683bbd.pdf

2021年 卒園式

2021年3月27日

新型コロナウイルス感染症防止のため、今年度も参加者を縮小しての卒園式となりました。

参加できなかったくま組(3歳児)、ぞう組(4歳児)は録画で「おわかれの言葉」を言いました。

らいおん組(5歳児)の12人が、すぎのこ保育園を巣立っていきました。

2021年 おわかれ会

新型コロナウイルス感染症防止対策として、保護者参観はご遠慮いただき、2月26日(金)に、園内行事として行われました。

3歳児、くま組

「3びきのこぶた」を演じました。

4歳児、ぞう組

「ピーマンマンとバイキンたち」を演じました。

5歳児、らいおん組

「ないたあかおに」を演じました。

2021年3月

 3月になり、今年度のまとめの時期になりました。コロナで思うように動けず、どうしたらいいのかと考えることが多かったです。コロナから考えたことは、すべての行事を中止にするのではなくどうやったら、安全を確保しながら取り組んでいけるだろうかということでした。他の園では中止にしたプールあそびも水質検査をしっかり行い密集しない人数で入りました。また、交流キャンプは実施できませんでしたが、らいおんぐみは、園内にとまり楽しかったと笑顔がいっぱいでした。26日のおわかれ会の劇では、幼児ぐみの子どもたちみんながんばって演じていました。らいおんぐみの卒園まであと少し。子どもたちが元気にゆったりと過ごせるよう、見守っていきたいと思います。
 

3月の予定
3日 (水) ひなまつり会
11日 (木) 避難訓練
27日 (土) 卒園式

                          

<うさぎぐみ>
節分の日に、スロープからみんなで鬼退治をする幼児ぐみの様子を見に行きました。遠くから見たので、怖くて泣く子はいませんでした。その後は、新聞紙で豆を作って鬼の絵にぶつけてあそびました。園庭では、アスレチックに登って滑り台を楽しむ姿や、三輪車にまたがる姿がありました。三輪車では、乗って蹴って進んだり、後ろから押してもらって進むのをとても喜んでいました。また、スロープの下に潜って探検を楽しむ姿があり、奥の方へ進んで行ったり、上にある鉄の棒に手を伸ばしてつかまってあそんでいました。3月は、暖かい日にはお散歩に出たり、園庭でからだをたくさん動かしてあそびたいです。
                           
<りすぐみ>
2月、部屋に赤鬼と青鬼がやって来ました。新聞紙を丸めて投げ、“オニハーソト!”と元気に退治しました。節分当日は、豆まきをしているお兄さんお姉さんをスロープの上から見て、なんだろうと不思議そうにしながらも、“ガンバレ!”と応援していました。自然のものが大好きなりすぐみの子どもたち。氷や霜柱でたっぷりあそびました。プランターを覗けば植えてある球根を見つけ、何色の花かなと毎日楽しみに見ています。また、部屋では小麦ねんどや描画で、自分の好きなものを表現しようとじっくり集中する姿が見られました。3月は、春を見つけに公園に出かけたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
節分に向けて鬼の絵を描いて、子どもたちと色を塗り、新聞紙で作った豆を鬼の絵に向かって元気いっぱい投げました。迎えた節分当日。庭で豆を持って待ち構えていると、大きな鬼を先頭に門からたくさんの鬼たちが入ってきて、固まる子どもたち。「おにはーそと!」と大人が投げ始めると、すぐに投げる子、鬼をじーと見つめる子、大人にくっつく子、といろいろな姿がありました。鬼に追いかけられると泣き出す子もいましたが、勇敢に立ち向かい投げ続ける姿もあり、みんなで無事に鬼を退治できました。3月は、大きくなることに期待を持ちながら過ごし、お弁当を持ってきりんぐみ最後のおでかけに行きたいと思います。
<くまぐみ>
2月、保育園に鬼が来ました。泣いた子もいましたが、その子たちを守るように他の子たちががんばって鬼退治をしてくれて、友だちとの繋がりがより強くなってきたと感じます。おわかれかいでは『3びきのこぶた』をやりました。ごっこあそびをしたり、オオカミの追いかけっこを楽しんだり、本物のトンカチで釘を打つ体験をしたり、いろいろな角度から物語の世界を楽しんできました。当日は、全員で笑顔で出ることができました。おうちの人と動画を見るのを楽しみにしています。3月はみんなで部屋をきれいにしたり、おわかれ遠足に行って、ぞうぐみになるのを楽しみに待ちたいと思います。
                         
<ぞうぐみ>
おわかれかいの劇では、いろいろな役になりながら、あそんできた中で役決めをしました。一人ひとりが“この役がやりたい!”としっかり思いを伝えてくれて、1つの役をめぐってのオーディションもありました。友だちが演じる姿を真剣に見ていて、子どもたちも劇にしっかり気持ちが向いているのだなと感動しました。役が決まると、どんどんセリフを覚え、“コウシタホウガイイ!”という案が出て、より自信をつけていく姿がありました。当日は、これまでで一番よく声が出ていて楽しく演じられたなと思います。3月は幼児ぐみでハイキングに出かけたり、おもちゃをきれいにして進級への気持ちをふくらませたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
節分では、一人ひとりが、手作りのお面をつけ、「オニダゾー!」と鬼になりきっていました。その後は、健康で幸せに過ごせますようにと、みんなで、鬼が苦手ないわしを食べました。翌日、「キノウ、オウチデモオニニナッタヨ!」と、嬉しそうに教えてくれる子もいました。また、おわかれかいに向けて劇に取り組んできました。当日、緊張している様子でしたが、「ガンバルゾ!」とみんなで手を繋いで始まりました。みんな、のびのびと表現をしていて、本当に嬉しく思いました。3月は、山登りや、幼児ぐみでのおわかれハイキング、そして、みんなでたくさんあそんで、すぎのこ保育園、最後の月を楽しみたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/229351cda067c.pdf

2021年2月

 毎年、園児全員で記念写真撮影を行っています。今年はどうしようかと悩みましたが、らいおんぐみ・ぞうぐみの子どもたちに、みんなから並んでもらうけれど、大きな声で話したりせず、小さい子が来るまで静かに待っていてほしいことをお願いし、できるだけ短時間で撮影できました。お休みの子もいましたが、寒い中でも笑顔の写真ができあがりました。その昔、撮影の日の朝、大好きな女の子と一緒に写りたくて「~チャンノトナリガイイ!」と男の子がコッソリ言いにきたことがあり、周りにわからないように2人をセンターに送り込み、できあがった写真がとても素敵だったということがありました。毎年、こんなことを思い出します。今年も、そんな子がいたのかなとワクワクしました。                           

2月の予定
2日 (火) 節分
25日 (木) 避難訓練
26日 (金) おわかれ会

<うさぎぐみ>
1月、いよいよ寒さも厳しくなってきましたが毎日外に行きたい子どもたち。日が当たって暖かいベランダで、しばらくあそんでから庭へ出ました。霜や氷を見つけ、触ってみると“ツメタイ~”と顔をしかめる姿もありましたが、冬ならではの経験もできました。部屋では、小さい引き出しがいっぱいの引き出しをおろしました。端から引っ張って開けて“ナニカハイッテルカナ?”とのぞいていました。お手玉やプレートが入っているのを見つけ、喜んだり空いているところに入れたりして楽しんでいました。2月は節分ごっこをしたり、まだまだ寒い日も多いと思いますが、体調をみて外にも出ていきたいです。
                           
<りすぐみ>
 お正月、お家の人とお出かけしたり、おいしいごちそうを食べたり、楽しい経験をたくさんした子どもたち。「おばあちゃんちに、あそびに行こう」とキューピーを引き車に乗せてでかけ、「あけましておめでとう」とあいさつしたり、「アチチ」と言いながらおもちを焼いて食べたり、お正月ごっこを楽しみました。また、寒い日も園庭で追いかけっこしたり、氷を見つけて「ツメタイネ〜」と触ってみました。夢中であそんでいると急に「イターイ」と小さな手がジンジン痛くなり、その度に手を摩りながら、あそび続けるたくましい子どもたちです。2月もまだまだ寒いので、部屋でも肋木やマットを使って、身体を動かしてあそびたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
1月は寒かったですが、外でからだを動かしてあそんだり、氷作りをしました。前日にお皿やバケツに水を入れて外に置いておき、翌日に凍った氷をみんなで代わる代わる手に持ってみると、その冷たさに驚きながらも、丸い氷で「ハンドルミタイ」とあそんでいた子どもたちです。部屋では小さい手回しゴマであそびました。指先を使って回せると「ミテ!」と嬉しそうに見せてくれました。また、くまぐみの手回しゴマにも挑戦してみました。手のひらをすり合わせるようにして、うまく回せている子もいました。2月は寒さや体調に気を配りながら、節分の豆まきごっこや、園庭で追いかけっこをして過ごしていきたいと思います。
<くまぐみ>
 1月、冬らしい気候の中で氷づくりを楽しみました。太陽にかざしてキラキラと輝く様子に見入ったり、氷の上に乗ってみたり、下に落としてあそんだくまぐみの子どもたちでした。また、はしごや並行にならべた鉄棒の上を立って歩いて、「ホラ、デキタ!」と挑戦することの喜びを味わっています。おわかれかいでは「3びきのこぶた」をやります。今はさまざまな役をやってみたり、庭でオオカミとこぶたにわかれておいかけっこをして劇の世界を楽しんでいるところです。2月は、こぶたたちのように焚き火でおいしいものを作ったり、本物のレンガを持ってみるなどして、おわかれかいに向けて雰囲気を作っていきたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
 おわかれかいに向けて劇あそびを始めました。『ピーマンマンとバイキンたち』という劇をやることに決め、友だちと絵本を見てイメージを共有して楽しんでいます。劇の中でうたうわらべうたも、子どもたちからたくさん案が出て、みんなであそびながら劇づくりを進めています。また、すごろくであそぶ中でひらがなや数字にふれ、自分でも書いたり絵本を読んだりする姿が印象的でした。外では、おにごっこやなわとびでたくさんからだを動かしてあそびました。大なわでは、わらべうたに合わせて跳ぶことも楽しんでいます。2月は子どもたちと劇についてたくさん話合いながら、表現することを楽しめたらいいなと思います。
                           
<らいおんぐみ>
新年になり、子どもたちの「アケマシテオメデトウゴサイマス」と元気な挨拶で始まった1月。節分に向けて、鬼のお面作りをしました。どんな鬼にしたいかを考え、絵を描いたあとに、土台に粘土をつけて立体的にし、色をつけました。一人ひとり、特徴のあるお面ができました。当日を、楽しみにしている子どもたちです。また、おわかれかいに向けて、劇づくりに取り組んでいます。みんなで、話に出てくる人物の気持ちになって考えてみたり、いろいろな役になって、楽しんでいます。2月は、最後となる、おわかれかいに向けて、道具作りやお話の世界の表現を楽しみ、みんなで大成功させたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
 現在、開室時間が変更になっています。ご利用の方は、お電話下さい。
◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00
℡.972-5796

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/225905bd30b6a.pdf

2021年1月

 昨年のクリスマスの日、子どもたちはサンタさんからのプレゼントの話で盛り上がっていました。保育園では、短時間のクリスマス会を楽しみました。さて、新しい年を迎え今年も子どもたち、職員みんなが元気に楽しく過ごせるようにと願っています。子どもたちの心に寄り添うためには、どのような言葉をかければよいのかと、言葉を選ぶことがあります。いろいろなことがあると思いますが、どの子も「タノシカッタ!」と思えるような経験をたくさん重ねていけるよう、職員一同がんばっていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします。
                           

1月の予定
8日 (金) 鏡開き
12日 (火) 避難訓練
15日 (金) 記念写真撮影
18日 (月) 記念写真撮影予備日

<うさぎぐみ>
11月に引き続き、毎日外あそびや散歩に出かけました。ご飯を良く食べる子どもたちで、体調をくずす子も少なく元気に過ごせた12月でした。庭では、高さのあるアスレチックや滑り台に登ってみました。大人に見守られながら一生懸命登る姿はとてもたくましかったです。初めて広い公園にも行き、着くとぐるぐる歩いて大喜び。落ち葉もたくさんあって地面に座り込んで、ひろっては投げてヒラヒラと落ちる葉っぱを楽しんでいました。クリスマスには、うさぎぐみにもサンタさんが来てプレゼントが届きました。1月は、お正月の再現あそびを楽しんだり、体調に気を付けながら冬らしい霜や氷を見つけたいと思います。
                           
<りすぐみ>
12月、新しく自分のマークがついているおままごとのお弁当箱とペットボトルが届くと、喜んでバックに入れてお出かけをしていました。部屋のクリスマスツリーを、“ピカピカ~!”と目を輝かせて見ていたりすぐみのみんな。ツリーやプレゼントが描いてあるタペストリーの絵を、まねっこでつまんでおかいものごっこも楽しそうでした。25日の朝サンタさんからプレゼントのリュックが届くと、“ナンダロウ?”とびっくりしながらも、にっこり。登園してきたお友だちに、「アッタヨ~!」と渡してくれる姿もありました。寝るときも近くに置いていたり、嬉しそうにしていました。1月は、体調に気を付けながら過ごし、わらべうたやごっこあそびなど楽しみたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
プランターにチューリップの球根とお花をみんなで植えました。子どもたちに好きな色を選んでもらい、植えると「ドンナチューリップガサクカナ?」「コンナカオダヨ!」と笑った顔や怒った顔をして楽しみにしている子どもたちでした。今年のクリスマスは、きりんぐみだけでミニクリスマス会をやりました。お人形を使ったわらべうたを見たり、大人が歌うクリスマスのうたをきいて、一緒に口ずさんだり、からだを動かして楽しく見ていた子どもたちでした。お昼寝から起きた子どもたちの枕元にはサンタさんからプレゼントが届いていて、大喜びの子どもたちでした。1月は、お正月の再現あそびをしたり、寒くても外でからだを動かしてたくさんあそびたいです。
<くまぐみ>
12月、くまぐみの子どもたちにもサンタさんからプレゼントが届きました。クリスマスの飾りを作り、「サンタサン、ホイクエンニモキテネ!」とお願いしていた子どもたち。プレゼントを見つけると嬉しそうな笑顔が弾け、大事そうにカバンにしまっていました。冬至では、担任が火をおこすのをじーっと観察していました。後日たき火ごっこをする姿が見られ、子どもにとって印象的な場面だったようです。大根、こんにゃくもおいしく食べることができました。1月はお正月のあそびをしながら、おわかれ会に向けて劇あそびも楽しんでいきたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
12月はひもごまに毎日よく挑戦し、いろいろな技もできるようになりました。こままわしの会では、くま・らいおんぐみにまわせるようになった姿を見てもらい、嬉しそうでした。らいおんぐみがまわす大ごまも大興奮で見ていて、今から来年を楽しみにしています。そして、クリスマスに向けてサンタさんに手紙や絵を描いたり、プレゼントを入れてもらう袋を作りました。クリスマスの朝、ツリーの下にはしっかりプレゼントが届いていました。クラスにはすごろく、個人にはトランプで、大事にあそんでいきたいと思います。1月は、劇ごっこやお正月のあそびを楽しんだり、外では鬼ごっこをしてからだを動かしたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
12月は、こままわしの会がありました。これまで、ひもごまやおおごまに取り組む中で、いろいろな技にも挑戦してきました。友だちの投げ方を見て研究したり、何度も投げる姿から、回せるようになりたいという強い気持ちを感じました。当日は、悔しい、嬉しい、さまざまな姿がありました。悔しくて涙を流す子に「ダイジョウブダヨ!」と寄り添う子どもの姿は、こちらも胸が熱くなりました。クリスマスに向けて、毛糸のボンボンや松ぼっくりにビーズをつけたツリーの飾りをつくりました。クリスマスには、サンタさんからプレゼントが届き、すぐに見ていました。1月は、節分に向けてお面作りや劇作りを楽しんでいきたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
  毎週月~金・第4土曜日
     9:30~15:00
 ◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/22186ac0e9152.pdf

2020年12月

 夕方の暗くなる時間が早くなってきました。17時頃になると、もう暗いですね。それでも園庭であそんでいる子どもたちはたくさんいて、楽しそうな声が聞こえてきます。11月は、紅葉がとてもきれいでクラスで山登りや近くの公園に散歩に出ていました。らいおんぐみは、みんなが自転車に乗れるようになったので、本当なら昭和記念公園にサイクリングに行っているはずでした。イチョウの落ち葉の中を気持ちよくかけぬける経験をさせてあげたかったと、とても残念な気持ちですが、電車に乗ってお出かけの計画はたてられませんでした。歩いて行ける少し遠い所へのお出かけを考えていきたいと思います。
                         

12月の予定
15日 (火) 避難訓練
17日 (木) こままわしの会
21日 (月) 冬至
25日 (金) クリスマス会
29日 (火) ~1月3日(日)まで年末年始休園

<うさぎぐみ>
11月は、部屋にキューピーがやって来ました。大きい子たちはミルクを飲ませたり、寝かせて布を掛けたり、洗面器のお風呂に入れたりとお世話を楽しみました。小さい子も「イイコ、イイコ」と頭をなでたり、わらべうたを一緒にうたってあそびました。晴れの日には、園庭や散歩にでかけて砂あそびや落ち葉を手に取って喜ぶ姿があり、秋を感じることができました。大きい子は自分の靴を履いて嬉しそうに歩き、小さい子もハイハイやつかまり立ちをして、スロープの登り降りを楽しんでいました。12月は、風邪に気をつけながら、元気にからだを動かして外あそびや散歩をみんなで楽しみたいと思います。
                          
<りすぐみ>
11月は電車を見に行ったり、公園に行ってお散歩を楽しむことができました。電車を見に行くと、手を振ってうれしそうな子どもたち。途中の道路では工事中の大きなトラックを見つけて目を輝かせていました。公園では、どんぐりや落ち葉を拾って袋にたくさん集めていました。落ち葉を振りまいたり、木の実もみつけ、秋ならではのあそびがたくさん経験できました。また、食事が大好きなりすぐみは、「コレナアニ?」と食材にも興味を持ち、「○○ミタイネ!オイシイネ~」と言って楽しみながらよく食べていました。12月は、クリスマスの雰囲気を楽しみながら、寒いのでからだが温まるわらべうたをたくさんしたいと思います。
                           
<きりんぐみ>
11月はたくさん散歩に行き、「キョウハ、オベントウナイネ」と先月のお出かけを思い出して歩いていました。公園では山積みになったフカフカの枯れ葉の中に埋もれたり、この時期にはめずらしいちょうちょがいて、追いかけてあそびました。それからプランターに冬野菜を植えました。土に肥料を混ぜ、ニンジンとカブの種をまきました。子どもたちが水をあげてくれていて、最近小さな芽が出てきたところです。部屋では、散歩から持ち帰った葉っぱやどんぐりを使ってわらべうたを楽しみ、秋を感じながら過ごすことができてよかったです。12月は寒い日が続くかと思いますが、外でたくさん身体を動かしてあそびたいと思います。 
<くまぐみ>
11月、くまぐみはお弁当を持って柿堂公園へおでかけしました。公園へ着くとどんぐりがたくさん落ちていて、秋を感じながらからだをたくさん動かしてあそぶことができました。いもほりりでは最初戸惑っていた子どもたちでしたが、両手で土を掘り返すと大きなさつまいもがたくさん出てきて、ママのおみやげにしようと、みんな目を輝かせていました。また竹のぼりやぽっくり、自転車などにも挑戦をし、できるようになったことの喜びを味わっている子どもたちでした。12月はクリスマスの飾りつけをしたり、部屋の大掃除をして、新しい年を迎える準備をしたいと思います。
                           
<ぞうぐみ>
11月は、らいおんぐみと天覧山に出かけました。久しぶりのおでかけに子どもたちも大喜びで、山道もどんどん歩く姿にはとてもたくましさを感じました。中央公園でお弁当を食べた後は、アスレチックや鬼ごっこでたくさんあそび、子どもたちの体力に圧倒されました。部屋では、ひもごまに挑戦し始めました。フープの中でまわしたり、おぼんに乗せてまわすなどの技にも取り組んでいました。また、あやとりもらいおんぐみに教えてもらいながら楽しみました。12月は、こままわしの会で技を披露できるように取り組んでいきたいと思います。クリスマスの飾りも作り、おわかれかいに向けて劇あそびを楽しんでいきたいです。
                          
<らいおんぐみ>
11月は、ハロウィンクッキー作りをしました。潰したかぼちゃを混ぜたものと、プレーンの2種類の味を作りました。生地のにおいや、まとまってくる変化にワクワクする子どもたち。生地は手の平で伸ばし、厚さを調節しながら、丁寧に型抜きをしていました。また、ぞうぐみと天覧山へ行きました。山道へ入る前は「ヤマハ、クラクテコワイヨ」という声もありましたが、登ると景色がきれいで「マチガミエルヨ!」と驚く姿や、坂や木の根っこが出でいるでこぼことした道も力強く歩いていました。12
月は、クリスマスツリーの飾り作りや、おわかれかいに向けて劇あそびを楽しみたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
  毎週月~金・第4土曜日
     9:30~15:00
 ◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/21983722cce25.pdf

2020年11月

 今年度のうんどうかいは、幼児ぐみの参加で行いました。毎日天気予報を見ながら、「大雨だって!」「何とかできないかな」と、こんな会話を職員も子どもたちもずっとしていました。平日開催になりましたが、無事にできてよかったです。さまざまなご協力、ありがとうございました。動画の配信をしましたので、みてください。うんどうかいのあと天気の良い日が続き、散歩に出かけるクラスが多く、赤い実やきれいな葉っぱを手にして帰ってきていました。うさぎぐみの子どもたちもみんなそろって散歩に出られるようになり、電車を見に出かけてきました。

11月の予定
17日 (火) 内科検診・避難訓練
18日 (水) いもほり(幼児ぐみ)
19日 (木) 歯科検診(きりんぐみ以上)
26日 (木) 食育講話
27日 (金) もちつき

                           

<うさぎぐみ>
10月、小さい子たちもお昼寝が一回になり、午前中みんなであそべる時間が多くなりました。散歩や庭に出て、じっくり楽しめるようになり、アスレチックや砂場あそびに夢中です。落ち葉をちぎったり、くしゃっとするのも楽しいあそびです。園庭では、うんどうかいに向けて鉄棒や竹のぼりに挑戦する幼児の子どもたちの様子をジーっと見つめていました。オープニングのうたも大好きで踊ったり、ホースを持ってたいこをたたくまねをして、うんどうかい気分を味わったうさぎぐみです。11月は寒さに負けず、元気に外あそびをしたり、キューピーの世話あそびやわらべうたも楽しみたいと思います。
                           
<りすぐみ>
10月、りすぐみにキューピーがやって来ました。車に乗って部屋の中をひと周りし、みんなにあいさつすると、さっそくあそびたくて集まってきた子どもたち。「よろしくね!」と手渡すと抱っこして、用意したごちそうを食べさせてくれました。園庭に出ると、うんどうかいの練習をしている幼児ぐみを、憧れの眼差しで見つめる子どもたち。ちょっとした間に、平均台やフープを借りて挑戦しました。また、散歩にでかけ真っ赤なハナミズキの実を見つけたり、公園ではどんぐりやきれいに色付いた葉っぱを探して、大切にポケットや小さな手にしのばせていました。11月は、わらべうたをたくさんうたってあそびたいと思います。
                         
<きりんぐみ>
10月は、天気がいい日にたくさん散歩に出かけました。公園では、赤や黄色に色づいたキレイな葉っぱや、どんぐり拾いを楽しみました。どんぐりを手の中に入れて、♪どんぐりころちゃんの子どもたちの大好きなわらべうたであそびました。また、お弁当を持って公園にもでかけました。追いかけっこをしたり、宝物探しをしてあそんだあとは、楽しみにしていたお弁当をみんなで食べました。帰りもしっかりリュックを背負い、友だちと手をつないで帰ってきた子どもたち。よくがんばりました。部屋には拾った葉っぱを飾って、秋の雰囲気を楽しんでいます。11月も引き続き散歩に行ったり、お出かけの再現あそびを部屋で楽しみたいと思います。
 <くまぐみ>
みんなが楽しみにしていたうんどうかい。どうやってきょうちゃんオニを退治するかを嬉しそうに話しながら、当日を待つ子どもたちの姿がありました。きょうちゃんオニに食べられそうになりながらも、みんなで力を合わせて牢屋に入れることができ、笑顔が弾けるうんどうかいになりました。うんどうかいが終わったあとは、ぞうぐみ、らいおんぐみの姿に刺激を受け、ぽっくりや鉄棒、竹のぼりに挑戦。「デキタ。ミテミテ!」とできるようになったことを子どもたちと喜び合っています。11月は近所の公園にお弁当を持ってでかけ、落ち葉や木の実を拾って秋の雰囲気を楽しみたいと思います。
                          
<ぞうぐみ>
延期が続いたうんどうかいでしたが、無事にでき、子どもたちと一緒に喜びあいました。一人ひとりが「デキルヨウニナリタイ!」と鉄棒やポックリに毎日とりくむ姿には、担任も励まされ、子どもたちの気持ちの強さを感じました。子ども同士で教えあう姿もたくさんあり、こうして友だちとつながっていくのだなと感動もありました。らいおんぐみの姿を見て、早くも竹のぼりや長縄に挑戦しています。また、らいおんぐみとカレー作りもし、庭にシートを敷き、青空の下で食べると「オイシイネ!」と一口食べる度に話していました。11月は、鬼ごっこでみんなであそんだり、わらべうたを楽しんでいきたいと思います。
                           
<らいおんぐみ>
10月は、うんどうかいに向けて、一人ひとりが課題に取り組み、力を合わせて心をひとつにがんばってきました。2回の延期になってしまいましたが、子どもたちの“できるようになりたい”“おうちのひとにみてもらいたい”という気持ちは変わらず、毎日取り組む姿はたくましく思いました。当日は、染めたTシャツを着て臨みました。緊張していた表情もだんだんと柔らかくなり、リレー、竹のぼり、長縄ではそれぞれが力を出していました。翌日はおつかれさま会で、ぞうぐみとカレーを作り、お昼に食べました。11月は、外でたくさん身体を動かしてあそんだり、劇に向けていろいろな物語を楽しみ、劇ごっこをしたいと思います。

<子育て支援センターゆりかご>
◇支援センター開室
  毎週月~金・第4土曜日
     9:30~15:00
 ◆面接相談・電話相談
  毎週月~金9:30~15:00

ゆりかごのお便りはこちらからご覧になれます↓

https://as-hanno.s3.amazonaws.com/at/21612915ea0a4.pdf

2020年 うんどうかい

 予定した10月10日(土)と予備日の17日(土)がともに雨天で行えず、平日の21日に行いました。延期したぶん、練習が積めて立派な演技ができました。

ことしはコロナウイルスの関係で、幼児組(3~5歳児)だけの参加でした。

3歳児のくま組は「きょうちゃんおにを やっつけろ」と障害物を乗り越えて、きょうちゃんに向かって進みました。

4歳児のぞう組は、「ぽっくり」と「鉄棒」の演技です。一人ひとりがきれいに技をきめました。

5歳児のらいおん組は、「大なわとび」と すぎのこ名物の「たけのぼり」です。最後は竹の最上部にくす玉や旗の飾りをさしました。